ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

今から子供が東京五輪日本代表を狙える競技にテコンドーなど

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 56年ぶりに東京で開かれる五輪。親バカと呼ばれようと、わが子を地元開催の記念すべき五輪に出場させられるものなら、させてあげたいと思う親は多いかも。
 東京五輪では2016年のリオから正式競技となる7人制ラグビーやゴルフを含む、全28競技が実施されるが、数多くの五輪を取材しているスポーツライターの矢内由美子さんはこう語る。
「7年後に10代後半くらいになる小学生以上の子供ならば、誰でも日本代表になるチャンスはあります。今回は地元開催のため、現行ルールではチーム競技には開催国枠が与えられますし、個人競技でも“日本の出場枠”が設けられる可能性が高い。
 日本以外での開催の場合と違い、他国と戦って出場枠を獲得しなくてよくなるのです。しかも日本代表選手の決定は多くの競技で開催直前の2020年春くらいまで延びます。7年間1つの競技に打ち込めば、日本代表になれる可能性は充分にあります」
 矢内さんによれば、数ある競技のなかでもいちばん五輪選手になりやすいのが「女子ラクビー」。
「まだ日本では認知度も低く、競技人口が少ないのが現状ですが、IOCの男女同権の考えから、女子ラグビーも正式種目です。娘さんが運動神経に恵まれていたら、始めてみる価値はあると思います」
 今から始めて五輪選手になりやすい競技を矢内さんに聞いた。まずは、女子ラグビー。
「女子ラグビーの競技人口は2500人程度と少なく、いちばんの狙いめです」(矢内さん、「」内以下同)
 レスリングも狙い目だという。
「リオ五輪から女子の階級枠が細かくなり2階級増える。つまり、出場枠も広がります」
 韓国の国技であるテコンドーも。日本では、岡本依子さんがシドニー五輪で銅メダルを獲得している。
「岡本さんはテコンドー歴わずか8年で銅メダルを獲得。メダルも狙えます」
※女性セブン2013年10月10日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ラグビー日本代表GMが日本ラグビーの危機的状況を語った本
92年ぶり五輪復活のラグビー IOCへのロビー活動は一切なし
7人制ラグビー 次期五輪正式競技化で競技人口増える可能性

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP