ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

HTC Oneブルーバージョン、台湾では10月1日に発売

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

IFA 2013で発表されたHTC Oneのブルーバージョン“Vivid Blue”が、台湾で2013年10月1日に発表されることが決定しました。アジア圏でブルーバージョンが発売されるのは台湾が最初になると思います。新色“Vivid Blue”では、フロントのスピーカー部分と側面・背面がメタリックブルーのカラーリングに変更されています。台湾では内蔵ストレージ32GBのモデルでこのカラーが発売されます。価格は20,900台湾ドル(約69,000円)になるそうです。HTC Oneの発売時価格よりも1,000台湾ドル安価です。主要スペックは既存のHTC Oneと同じで、4.7インチフルHDのSLCD3、Snapdragon 600 1.7GHzクアッドコアプロセッサ、2GB RAM、背面に約400万画素のUltraPixelカメラ、2,300mAhバッテリーを搭載。搭載ファームウェアはおそらくAndroid 4.2.2&Sense 5.0という内容でしょう。Source : ePrice



(juggly.cn)記事関連リンク
「うたがめ」をモチーフにしたデコメを簡単に作成できるspモードメール連携アプリ「かんたん!うたがめーる♪」がリリース
Android端末のテキスト読上げ機能と連動したXperiaスマートフォン向けのスモールアプリ「Voice Out Small App」が公開
「LG G2」と「LG G Pad 8.3」の購入者を対象にBoxの50GB追加ストレージプレゼントキャンペーンがフランスで実施中

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。