ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ふなっしー飽きられぬ理由 言葉発する、人格、非公認キャラ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ふなっしーの快進撃が止まらない。バラエティー番組やイベントに引っ張りだこ。11月1日公開のハリウッド映画『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々:魔の海』では日本語吹き替え版で声優を務め、11月27日にはシングル『ふな ふな ふなっしー~ふなっしー公式テーマソング~』でCDデビューも決定。ほかのゆるキャラと比べても圧倒的に幅広い活躍だ。これだけ人気を集める秘密はどこにあるのだろうか?
 キャラクター研究家の犬山秋彦さんはこう語る。
「ふなっしーは非常に多忙で、ここ数か月オフがないそうです。まず、ファンの年齢層が幅広いんです。ある広告代理店でのアンケートでは、子供からお年寄りまでファンがいる。これはほかのゆるキャラにはあまりないことで、くまモンとふなっしーぐらいなんです」(犬山さん・以下「」内同)
 注目を集めるのは、ふなっしーのキャラクターに関係しているのは言うまでもない。ほかのゆるキャラにない特徴のひとつは、言葉を発するという点だ。
「バラエティーや、歌手、映画の吹き替えという仕事は、言葉を発することができるからこそできた仕事だと思います。とくにバラエティーでは、タレントや芸人と絡むことができる。しかも、ふなっしーは出演するたびに対応能力というか、アドリブ力が磨かれていっています。毎回、成長していく“伸びしろ”はファンが応援したくなる要素だと思います」
 
 もはや、ふなっしーはひとつの“人格”をもったキャラクターだと、犬山氏は言う。
「ほかのキャラクターの例をあげるなら、キティちゃんはイラストのほうが本物で、着ぐるみは遊園地向けの副産物という色合いが強い。一方、ミッキーマウスは、あくまでもディズニーランドにいるミッキーが本物ですよね。ふなっしーも、イラストやグッズにはなっているけれど、いつも動き回っている着ぐるみのふなっしーが本物。人格をもったキャラクターという意味では、ふなっしーはミッキーに近いということができます」
 非公式キャラクターであるということも幅広い活躍を後押ししている。ふなっしーはプロフィール上、千葉・船橋市在住となっているが、船橋市からは公認されていない。
「公式キャラクターは人気が出てくると、過激な発言やちょっとはみ出した発言をすると、関係者によって封じられてしまい、ツイッターでも自由な発言ができなくなる。そうすると、キャラクターの個性や面白さがなくなってしまうんです。ふなっしーは非公式だから、奔放なキャラクターをずっと維持できています。ふなっしーはツイッターでの発言もうまくて、気になるファンの発言には、ちゃんと返事もしています。ファンとしてもふなっしーというキャラクターをうまく遊べている感じがしますからね」
「倍返しなっしー」「お・も・て・なっしー」など新しい流行語が出てくればすぐに取り入れ、前田敦子の熱愛の話題が出ればその日にコメントする。話題のネタをすぐさま自分のものにしてしまう図々しさも、ふなっしーが飽きられない理由のひとつかも。



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ゆるキャラ・ふなっしー TV取材のギャラは5万円+交通費
船橋市非公認ゆるキャラふなっしー 非公認理由を市が解説
兵庫のゆるキャラ 御法度の「ファスナー開き」目撃情報多数

カテゴリー : エンタメ タグ :
NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP