体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

モスバーガーで和食文化を再発見!?なんと“さば味噌”を使用したバーガー登場!!

モスバーガーから、ファーストフードでは異例の“さば”を使用したバーガーが登場!?全国のモスバーガー店舗(一部店舗除く)にて、モスライスバーガー「さば味噌 骨までやわらか仕込み」を、10月29日~2014年3月下旬までの期間限定で新発売する。
モスライスバーガーは、1987年に国産米の消費拡大を目指して開発。バンズ(パン)の代わりに、香ばしい焼きおにぎりをイメージして、ご飯を焼き固めたライスプレートを使い、ご飯に合うお惣菜をはさんだ“お米のバーガー”として、世界で初めて誕生して以来、人気の定番商品。
新発売するモスライスバーガー「さば味噌 骨までやわらか仕込み」(360円)は、国産のさばを骨がやわらかくなるまでじっくりと煮込み、2種類の赤味噌、バター、しょうが、一味唐辛子をブレンドした特製の味噌ソースをたっぷりとかけ、細切りねぎをトッピングし、ライスプレートではさんだ。ふっくらと仕上げたさばとコクのある味噌ソースが、もっちりとした食感のライスプレートにマッチし、日本の食卓を感じさせる一品だ。
また、有明産の焼きのりの上に、京都のおばんざいをイメージした具だくさんのきんぴらをのせ、ライスプレートではさんだ、モスライスバーガー「彩り野菜のきんぴら」(310円)も同時発売する。

今回、日本の和食文化を活かし、日頃より慣れ親しんでいる和惣菜をはさむことで、シニア世代にも共感してもらえる商品に仕上げたという。モスバーガーのお店で世代交流なんていうのもいいかもしれない。モスバーガーの店舗検索はこちら(http://www.mos.co.jp/)から。
※新商品発売に伴い、モスライスバーガー「海老しんじょ(和風おろしだれ)」、モスライスバーガー「季節の野菜かきあげ」は、販売終了となる。

ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。