ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

リクルート、“消えて残らない”写真・動画共有アプリ「SeeSaw」をリリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

リクルートホールディングスは9月26日、“消えて残らない”写真・動画共有アプリ「SeeSaw(シーソー)」をリリースしました。アプリはAndroid版とiOS版が現在配信中です。SeeSawは、自分が送信した写真や動画が指定した秒数で受信者・送信者の端末から自動で消去される、海外で人気のあるSnapchatのようなコミュニケーションサービス。SeeSawでは、投稿した写真や動画は最大8秒間だけ表示され、その後削除されるので、削除シないと消えないSNSよりも気軽に投稿することができます。SeeSawを利用するには無料のユーザー登録が必要です。また、ユーザー登録時は電話認証を必要としています。登録後は、タイムラインが表示されるので、下のカメラアイコンをタップしてカメラを起動。カメラの撮影ボタンを一度タップすると写真、長押しすると動画を撮影できます。撮影した写真や動画には手書きやキーボードを使ってメッセージを入れること、事前に内蔵ストレージに保存することもできます。SeeSawはスマートフォンの電話帳、Facebook、Twitterと連動しており、電話帳に登録されているリアルな友達、Facebook/TwitterのSNSの友達ともすぐに繋がりを持つことができます。「SeeSaw」(Google Playストア)Source : SeeSaw公式サイト



(juggly.cn)記事関連リンク
アスク、MSI製Androidタブレット「Primo 73」と「Primo 81」の国内発売を発表
Google PlayムービーのAndroidアプリがv2.7.15にアップデート、ダウンロード済み動画の管理や画質の切り替えが容易に
Android版「Facebook」がv3.7にアップデート、投稿やコメントの編集、写真アルバムの新規作成に対応

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP