ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

安価で充実!おススメ公共系宿5選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

公的資金投入の廃止などにより、先行きを不安視する声もあった「国民宿舎」や「休暇村」「かんぽの宿」などの「公共系宿」。しかし、大幅なリニューアルによってキレイに生まれ変わった「公共系宿」も増えているそう。建物の快適さはもちろん、立地の素晴らしさ、手軽な価格が、旅行通の間で密かな人気を呼んでいるのだとか。

【画像や図表を見る】

そこで、旅行ジャーナリストの村田和子さんに秋の行楽シーズンに向けて、魅力的に生まれ変わった“今オススメの公共系宿”を選んでもらった。(最低料金は大人1名1泊利用時/時期によって変動あり)

●オテル・ド・摩耶 (兵庫県) 最低料金:約4500円~(素泊まり)
日本3大夜景に数えられる摩耶山上にある一軒宿のオーベルジュ。六甲山の雄大な眺望と本格イタリアンが自慢。1000万ドルの夜景が見渡せるジャグジーが、心も体も癒やしてくれそう。

●KKR 鎌倉わかみや (神奈川県) 最低料金:1万4800円~(2食付き)
江ノ電由比ヶ浜駅から徒歩5分の海辺に位置する、落ち着いた雰囲気の和風リゾートホテル。ビーチや寺院巡りへのアクセスが抜群なうえ、プールやテニスコート、温泉など館内施設も充実。

●国民宿舎 小豆島 (香川県) 最低料金:4350円~(素泊まり)
瀬戸の海を一望できる高台に建っており、海へと沈む夕日やエンジェルロードなどの絶景を楽しめる。美しい景色のほか、新鮮な海の幸や温泉展望風呂も大きな魅力。

●かんぽの宿 諏訪 (長野県) 最低料金:約9800円~(2食付き)
全客室や展望風呂から見えるのは、諏訪湖を独り占めしたかのような雄大な眺め。展望風呂は上諏訪温泉の柔らかなお湯で満たされており、馬刺しや諏訪湖産ワカサギフライなどの季節ごとの信州の味覚も評判。

●休暇村 富士 最低料金:約1万1800円~(2食付き)
世界遺産・富士山を望む、絶好のロケーションにある宿。全室が富士山ビューで、季節によりダイヤモンド富士・赤富士・逆さ富士など、様々な富士山の表情が楽しめる。設備も充実しており、無料・格安の体験プランも多い。

「公共系宿の一番の魅力は、国立公園や自然環境保全地域など今では法律によって建築が制限されるような、自然豊かなロケーションに立地していること。料理も地産地消をテーマに、個性あるものを提供する宿が多いんですよ」(村田さん)

この秋、美しい景色や雄大な自然に触れたいと考えている人は、絶好の立地をリーズナブルな価格で楽しめる「公共系宿」の旅に出かけてみては?

(有栖川匠)
(R25編集部)

安価で充実!おススメ公共系宿5選はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

(web R25)記事関連リンク
iPhone争奪戦2013を追う
5s5c、選べる通信会社にau人気
新iPhone 3社の料金比較
新型iPhone発表会リポート
新iPhone選び 周波数が鍵?

カテゴリー : ガジェ通 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。