ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Sony、NFCとハイレゾオーディオ対応のAndroidウォークマン新モデル「NW-F880シリーズ」を10月19日に国内発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Sonyは9月25日、同社がIFA 2013で発表したAndroidウォークマンの新モデル「NW-F880シリーズ」の国内投入を発表しました。発売予定日は10月19日(土)です。NW-F880シリーズは、2012年秋に発売されたF800シリーズの後継製品となります。新モデルでは、筐体デザインを刷新し、画面サイズを0.5インチ拡大したほか、Androidウォークマンでは初めてNFCに対応し、ワンタッチ接続機能により他のNFC対応機器とBluetoothペアリングやBluetooth接続を行ったり、ワンタッチリスニング機能で簡単に再生を開始することが可能になりました。また、サンプリング周波数192KHz/24bitのハイレゾオーディオ音源の再生に対応し、対応フォーマットでは視聴体験がさらに良くなりました。ハイレゾオーディオ音源はWAV/AIFF/FLAC/Apple lossless形式でサポートされています。このほか、ダイレクト録音アプリによりPCを介さずにCDやMDプレーヤー、ラジオの音を直接録音すること、周囲の騒音を約98.0%カットする「デジタルノイズキャンセリング機能も追加されました。ディスプレイは4.0インチWVGAのTFT液晶(Triluminos display for mobile採用)、プロセッサはTI OMAP Cortex-A9 1.0GHzデュアルコア、RAM容量は1GB、内蔵ストレージの容量は16GB/32GB/64GB、Micro SDカードスロットやカメラはは非搭載です。OSはAndroid 4.1(Jelly Bean)で、Google Playにも対応しており、Googleアプリを利用できるほか、Google Playストアからアプリをダウンロードできます。オーディオ機能では、デジタルアンプ「S-Master HX」、圧縮で失われがちな高音域をクリアに 再生する「DSEE」、「ClearAudio+」、デジタルノイズキャンセリング機能などに対応。バッテリー駆動時間はMP3の再生で最大35時間、ハイレゾ再生(96khz/24bit)で最大26時間。ワイヤレス機能はWi-Fi a/b/g/n(2.4GHz/5GHz)、Bluetoth v3.0(A2DP/AVRCP/OPP/HID)、NFCに対応しています。本体サイズは116 x 58.7 x 8.6mm、質量は103g。ラインアップはストレージ容量別に16GBモデルの「NW-F885」(26,800円)、32GBモデルの「NW-F886」(29,800円)、64GBモデルの「NW-F887」(39,800円)。カラバリはビビッドピンク、ブラック、ホワイト、ブルー。Source :



(juggly.cn)記事関連リンク
動画配信サービス「UULA」の決済方法でソフトバンクのキャリア決済が選択可能に
Xperia C(C2305)がロシアで発売開始
富士通、「ARROWS Tab Wi-Fi(FAR70B)」にAndroid 4.1.2(V01R09C)へのアップデートを配信開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP