ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Sony、ストレージ容量128GBのAndroidウォークマン新モデル「NW-ZX1」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Sonyは9月25日、内蔵ストレージ容量128GBのAndroidウォークマン新モデル「NW-ZX1」を発表しました。発売予定日は12月7日(土)で、価格は74,800円です。NW-ZX1は、同日発表されたNW-F880シリーズをベースに開発されていますが、さらなる高音質化を目指して電気部品の選定や電気回路のレイアウトを最適化に加えて、オーディオ基板をアルミニウム合金の削り出しによる高剛性モノコックボディを採用し、電気的ノイズに強い構造にするなど、音質に対してこだわりを持つ1台となっています。NW-F880シリーズと同じく、Androidウォークマンでは初めてNFCに対応し、ワンタッチ接続機能により他のNFC対応機器とBluetoothペアリングやBluetooth接続を行ったり、ワンタッチリスニング機能で簡単に再生を開始することが可能になったほか、サンプリング周波数192KHz/24bitのハイレゾオーディオ音源の再生にも対応、ダイレクト録音アプリによりPCを介さずにCDやMDプレーヤー、ラジオの音を直接録音することも可能になりました。本体の側面には再生・一時停止、選曲用の物理ボタンが追加されています。NW-F880シリーズとの違いとして、筐体素材やデザイン、筐体寸法(NW-ZX1の方が大きくて重たい)、デジタルノイズキャンセリングやクリアステレオ、FMラジオに対応しない点。あと、カラバリはシルバー1色です。ディスプレイは4.0インチWVGAのTFT液晶(Triluminos display for mobile採用)、プロセッサはTI OMAP Cortex-A9 1.0GHzデュアルコア、RAM容量は1GB、内蔵ストレージの容量は128GB、Micro SDカードスロットやカメラはは非搭載です。OSはAndroid 4.1(Google Play対応)オーディオ機能は、デジタルアンプをハイレゾ音源対応にした「S-Master HX」や圧縮音源をCD以上の音質にアップコンバートする「DSEE HX」を搭載するほか、「ClearAudio+」などにも対応しています。バッテリー駆動時間はMP3の再生で最大32時間最、動画再生で最大5時間。ワイヤレス機能はWi-Fi a/b/g/n(2.4GHz/5GHz)、Bluetoth v3.0(A2DP/AVRCP/OPP/HID)、NFCに対応しています。本体サイズは122.8 x 60.7 x 15.3mm、質量は139g。Source : Sony



(juggly.cn)記事関連リンク
動画配信サービス「UULA」の決済方法でソフトバンクのキャリア決済が選択可能に
Xperia C(C2305)がロシアで発売開始
富士通、「ARROWS Tab Wi-Fi(FAR70B)」にAndroid 4.1.2(V01R09C)へのアップデートを配信開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP