ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「痛い女」のあるあるネタが図解に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「クソ女処刑bot」という一見物騒な名前で投稿を行っているTwitterアカウントが話題だ。@KUSOsyokeiさんが書いているもので、注目されるきっかけになったのは「女子大生にありがちな事」という投稿。

【画像や図表を見る】

投稿主は9月14日に「大学デビュー女」「サブカルくそ女」。15日に「LINEツイッター常駐スイーツ女」「自称頭脳派喪女」「清楚風ビチグソ女」「アメリカンかぶれ女」の計6タイプの女子大生をこれまでに発表。いずれも特徴的な絵とともに、服装や趣向、行動パターンなどの詳細な解説文を記載している。

例えば、「大学デビュー女」では、「髪は濃い茶色(自分で染めた)」「白いヒラヒラを好む」、「自称頭脳派喪女」では「頑なにGパン」、「清楚風ビチクソ女」では「過剰なタレ目メイク」「社会人の彼氏にもらったシルバーのネックレス」といった具合。

これらの投稿は多いもので、9月20日時点でリツイートが1万4000件、お気に入り登録も7000件以上。さらにNAVERまとめで「【図解】痛い女性のパターン解説が的確すぎる」というページが作られ、11万ビューを突破。

Twitterには

「今朝の電車にバッチリいたわ」
「確かにこういうヤツ大学に居た」
「見事にこれに当てはまる人間が思い付くwww」

と男性から共感する声が続々と寄せられている。一方、

「若干私と通じるところがあって胸が痛い」
「こうゆうのやめて欲しい
なんかすごくどきっとした」
「私はきっとサブカルクソ女とLINEツイッター常駐スイーツ女と自傷頭脳派喪女を足して3で割った感じだと思う」(すべて原文ママ)

と自覚する女性の声も少なくなかった。

図解以外の投稿でも「痛い女」を独自の視点で解説しており、こちらも多くのリツイートとお気に入り数を記録している。これだけ反響があるのも、“思い当たるフシがあるから”というところだろうが、“ビンゴ”の女性は、複雑な心境のようだ。
(R25編集部)

「痛い女」のあるあるネタが図解にはコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

(web R25)記事関連リンク
“濃いキャラOL”が「いる」が3割!
5×14=5-1=5+1答えは?
三村ツイッター 大物芸人写真が好評
初心者向けスマホあるあるトラブル
R25をオフラインで読める無料アプリ(外部サイト)

カテゴリー : 未分類 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。