ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

Samsungの64bitプロセッサの開発は最終段階に突入、Androidは来年以降に64対応へ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

最近、Samsungが64bit CPUのExynosプロセッサを開発していることが明るみになりましたが、開発はすでに最終段階に突入しており、Galaxyスマートフォン・タブレットの次世代モデルに採用される見込みであることが韓国紙 アジア経済で報じられています。今回の情報は匿名のSamsung関係者からのものとされています。その方は、“Androidはまだ64bitをサポートしていませんが、来年にはサポートされる可能性が高い“とした上で、“64bit APの開発は最終段階に入っており、次期スマートフォンやタブレットに採用される見通しだ”と述べたそうです。今回の報道から、現行のAndroidは64bitに非対応で、来年以降に対応する見込みであることがわかります。先日米国で開催されたIDF 2013の基調講演の中で、Androidのx86への対応に関するIntelの方針が示された中で64bit対応化も含まれていましたが、それは来年以降に実現することになりそうです。Source : Daum



(juggly.cn)記事関連リンク
Galaxy Note 3が香港で発売開始、中国ではGalaxy Note 3ワールドツアーが開かれる
コクヨの「CamiApp」がXperia Z1のカメラプラグインに対応
HTC、「HTC One」の台湾モデルにAndroid 4.3へのアップデート(3.18.709.2)を配信開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。