ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中国 Smart DevicesがAndroid 4.3を搭載したスマートウォッチ「Z Watch」を中国で発売開始、価格はなんと699元(約11,300円)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

SmartQシリーズのMID/タブレットでお馴染みの中国 Smart Devicesが、本日、同社初のAndroid搭載スマートウォッチ「Z Watch」を中国で発売しました。先日紹介した「W1」のことです。Z Watchは、既存のスマートウォッチのようにBluetoothでスマートフォンやタブレットと通信して着信やSMS、通知を転送することに加え、Wi-Fiにも対応しており、本体から天気情報やWeiboなどのデータを本体で直接取得することもできます。また、3軸加速度センサーによる歩数計機能や睡眠記録機能も搭載。ファームウェアはAndroid 4.3をベースにしたものがインストールされています。ディスプレイは1.5インチ240×240ピクセルのLCDタッチパネルを搭載。筐体はIPX7の防水に対応しています。ワイヤレス機能はWi-Fi b/g/n、Bluetooth v4.0に対応。バッテリー容量は300mAhで、通常使用で約12時間持つとされています。その他、JZ4775 1.0GHzプロセッサ、512MB RAM、4GB ROMを搭載。時計部分のサイズは49.9mm x 38.5mm x 12.2mm、全体の質量は42.5g。価格は699元(11,300円)です。スペックのわりにかなりリーズナブルですね。Source : Smart Devices



(juggly.cn)記事関連リンク
HTC OneのAndroid 4.3アップデートが今週より開始、今週中にDeveloper Edition、今月末にカナダモデル
AndroidデバイスマネージャーのWEBコンソールにリモートロック機能が追加
HTC、「HTC One」の8コアCPU・3GB RAMバージョンを開発中?

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP