ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Galaxy Note 3のLCD版が11月より量産開始との噂

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Samsungが今年11月よりGalaxy Note 3のLCD版の量産を開始すると、韓国メディアのET Nessが伝えています。今月5日、Samsungはドイツ・ベルリンでGalaxy Note 3を発表しましたが、それには従来モデルのようにSuper AMOLEDディスプレイが搭載されており、LCDの発売計画は明らかにされていませんでした。同サイトによると、当初はLCD版もIFA 2013で発表される予定だったそうなのですが、実際には発表されていません。開発している間にSamsungはLCD版の発表スケジュールの変更したとされています。LCD版の存在はかねてより噂として伝えられており、Samsung製品全体の中でも普及型に位置するモデルと伝えられてきました。同サイトも“Galaxy S 4 miniのような普及型になる”としていますが、画面サイズはAMOLED版と同じ5.68インチを維持しているとされています。これはSペン機能の操作性を考慮した上での判断とされています。一方、タッチパネルは液晶一体型から従来型のフィルムを用い、カメラモジュールは1,300万画素から800万画素に変更、使用されるデジタイザにも違いがあるなど、内部仕様は一部変更されていると伝えられています。11月量産が開始されるとなると、年内中に(ひっそりと)発表・発売されると思われます。Source : ET News



(juggly.cn)記事関連リンク
英Tescoが自社ブランドの7インチAndroidタブレット「Hudl」を発表、7インチ1,440✗900ピクセルの液晶と1.5GHz駆動のクアッドコアプロセッサを搭載、価格は£119(18,000円)
NTTドコモ、「Galaxy S 4 SC-04E」と「AQUOS Phone SH-06D」のソフトウェアアップデートを開始
Samsungの64bitプロセッサの開発は最終段階に突入、Androidは来年以降に64対応へ

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP