ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『あまちゃん』 細部にこだわりアキ高校入学式の天気も調査

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 9月28日にいよいよ最終回を迎えるNHK連続テレビ小説『あまちゃん』。最高視聴率は27.0%を記録(9月16日放送)し、朝の放送以外の再放送分も合わせると、視聴率は50%超ともいわれるだけに、もはや社会現象の域に達している。

『あまちゃん』の物語は2008年から始まり、時折春子(小泉今日子)がアイドルを目指していた1980年代にプレイバックしながら、2013年現在にまで時間は流れていく。

 そして、現実に起こった出来事やそのパロディーが描かれている。新潟青陵大学大学院教授で社会心理学者の碓井真史さんが言う。

「身近でありながらどこにも存在しない、現実によく似たパラレルワールドを宮藤官九郎さんは作りました。どこにもない町という架空の設定ではあるけれど、たとえば、北三陸市の風景は久慈市のロケーションと変わりがない。そんなリアル感があるから、視聴者は宮藤さんの作った異空間に吸い込まれてしまったんです」

 そのリアル感を出すために、制作側は細部の演出に徹底的にこだわった。アキ(能年玲奈)のプロフィールは事細かく設定。高校の入学式の天気まで調べていた。

 通常、朝ドラの台本は1回分が15ページほどだが、『あまちゃん』の台本は20数ページにわたり、びっしり設定やセリフが書き込まれていた。

 そして、能年をはじめ、出演者もリアル感を出すために、工夫を凝らした。

 春子役の小泉は、東京から北三陸に住み始めてまもなく、『ブティック今野』のダサい服を着始めるが、これは、小泉の発案だという。

 宮藤をはじめ、スタッフや出演者が一丸となって、視聴者が入り込みやすい『あまちゃん』世界を作っていった。

※女性セブン2013年10月3日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
宮藤官九郎作詞『あまちゃん』歌 小泉今日子思い5分で完成
あまちゃん予測 アキが結婚して娘の名前が「冬」になるか
『あまちゃん』のおかげで家族の会話が増えた人は64.5%に

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。