ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

電気代 テレビのまめなON/OFFなどで年間2万2627円節約可能

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「エアコン、冷蔵庫、照明器具、テレビ、実はこの4つで消費電力量の約4割を占めています。電気代を節約するなら、まずこれらの使用量を抑えるのが効率的。10~15%くらいカットできます」

 こう解説するのは、節約アドバイザーの矢野きくのさん。まずは、料金メニュー自体に無駄がないか見直すことが大切だという。

「例えば、日中は留守にすることが多い家庭なら、夜の電気代が安くなるメニューの方がお得。各電力会社のホームページを見れば、自分に合うメニューが調べられるので活用すべきです」(矢野さん・以下「」内同)

 節約の意識を高めるには、家電の消費電力量や電気代がわかる機器『エコワット』(3000円程度で購入可)がおすすめだ。また、NTT東日本のサービス『フレッツ・ミルエネ』は、消費電力量がリアルタイムでわかる。

 省エネルギーセンターによると、給湯器のエネルギー消費量も大きいという。ガスでも電気でも、光熱費節約には湯の使用を控えることが重要だ。

 少しの工夫で年間2万2627円も節約できるテクニックを紹介しよう。

 まずは、エアコン。使用を控え、室内温度を2℃下げるだけで年間3850円の節約になる。

「秋はエアコンを使わずに過ごせる日も増えるはず。日差しが強い日はカーテンやすだれで防げば、2℃は室温が下がります」

 設定温度は28℃で充分、冬は20℃を目安に。フィルターは月に1、2度は掃除を。

 冷蔵庫は、かごを活用しドアを開ける時間を短くするだけで、年間3670円節約できる。

「何度も開け閉めしたり、開ける時間が長くなったりすると、その都度冷蔵庫内の温度が上がって電気を消費します。同時によく使うものをかごにまとめると、一度に取り出せるので時短に。私はジャムとバターをまとめて『朝ごはんセット』としています。また、20℃前後の涼しい季節は、設定温度を『強』から『中』にするだけでも節約効果があります」

 冷蔵庫を壁に接しないように設置し、普段からものを詰め込みすぎないことも節約の鉄則だ。

 照明はLED電球がダンゼンお得! 年間2287円の節約に。白熱電球や電球型蛍光ランプがあるなら、LEDに取り換えた方がいい。

 数千円のものもあり少し高めだが、20年以上使えるので5年半ほどで、もとがとれる。一度換えてしまえば、とくに努力しなくても節約できるのが魅力だ。

「消し忘れがちなトイレや廊下、玄関は人感センサー付きのものがおすすめです」

 テレビはタイマーでON/OFFすれば、年間4580円節約だ。見ていないテレビのつけっぱなしは厳禁。輝度は「最大」から「中央」にすれば、液晶は年間約970円、プラズマなら約4580円の節約に。タイマーの活用も有効だ。朝、家族が見る時間にON、出かける時間にOFFに設定するとダラダラ見を防げる。

 お風呂はシート&フタのW遣いで保温すれば年間8240円の節約が可能。給湯器の温度を2℃下げるだけでガス代は年間約1210円の節約に。入浴は家族の間隔をあけず、シャワーを控えれば年間約7030円も節約できる。

「バスタブの湯に保温シートをかけ、さらにフタをすれば熱が逃げません。ぬるくなった場合は追い炊きより湯を足すほうが節約になります」

※女性セブン2013年10月3日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
15%の節電には2000Wh減が目標 ひと夏で2640円の節約に
電気代 LED電球で490円、断熱シートで210円節約できる
テレビを見る時は部屋を暗めにして「節電モード」を活用する

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP