ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android 4.4”KitKat”のスクリーンショットをGoogle Playストア上で発見、USBデバッグや時刻表示などのアイコンデザインが変更

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Android 4.4”KitKat”を搭載した端末で撮影されたとみらるスクリーンショットがGoogle Playストア上で発見されました。このスクリーンショットは、Googleが同社の韓国語キーボード「Google Korean IME」のGoogle Playストアページに添付していたもので、ステータスバー上のアイコン等のデザインが従来のものと違うことがわかります。まず、USBデバッグを有効にしてPCとUSB接続するとドロイド君アイコンが表示されますが、1枚目の画像はこれまでのものとは違います。次に、ステータスバー上の時計やWi-Fi、電池のアイコンはJelly Beanではブルーですが、今回のスクリーンショットでは、全てグレーに変わっています。今回のスクリーンショットはこれらのアイコンデザインやカラーを変更したカスタムROMを搭載して撮影された可能性はありますが、Googleアプリのスクリーンショットは標準のAndroidを搭載したNexus端末で撮影されていることが多いことから、Androidの次期バージョンを搭載して撮影した可能性が高いとみられています。Source : Android Police



(juggly.cn)記事関連リンク
スマートフォン専門の買取サイト「スマートフォン買取.jp」がオープン
Android.comのトップページなど一部が日本語化される
日常の行動を歩数と一緒に自動で記録してくれるアプリ「Moves」のAndroid版がリリース

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP