ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

5s5c、選べる通信会社にau人気

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ついにiPhone5s、5cが発売された。いち早く手に入れようと、発売日の9日も前からAppleストア前に並ぶ人も登場するほどの熱狂ぶりだ。一方、なかには「買おうか、買うまいか」「どこの通信会社と契約するべきか?」と、いまだ迷っている人も少なくないのでは?

【画像や図表を見る】

そんな人には以下の調査が参考になるかもしれない。マーケティングリサーチを行うネオマーケティングは、今回のiPhone5s・5c発売に合わせ、「3キャリアユーザーに聞く、新型iPhone購入意向調査」を実施している。(対象:全国の15歳以上の男女4500人、調査実施日:2013年9月13日~17日)その結果は以下の通りだった。

●46.0%が新iPhoneの購入意向アリ

「購入したい」と答えた人は13.4%。「やや購入したい」と答えた人は、32.6%と、購入意向のある人が半数近くに及ぶ。改めてiPhone5s・5cに対する注目度の高さがうかがえる結果だ。

ちなみに、機種別でみると「iPhone5s」が73.7%、「iPhone5c」が26.3%と5s優勢。今回は購入時に各社の手厚いサポートがあることを知ってか、高額ながらも高性能な5sの方が人気は高いようだ。

●NTTドコモ購入意向ユーザーが約半数

同調査では、各端末モデル別に、どこの通信会社を選ぶかも調査している。それによると、iPhone5s意向ユーザーは、「NTTドコモ」50.0%、「au」26.8%、「ソフトバンクモバイル」23.2%の順。iPhone5c意向ユーザーは、「NTTドコモ」47.1%、「au」30.6%、「ソフトバンクモバイル」22.3%の順だ。全体としてはNTTドコモに人気が集まっているように見えるが、上記数値は各通信会社のユーザー数シェアと相関しているだけとも考えられる。

●MNPではauが人気でユーザー増!?

では、今回の新iPhone発売に合わせMNP(ナンバーポータビリティ)を行う人の動きはどうだろう。同調査では、各通信会社別に新iPhoneのMNP購入意向者に「どの通信会社を選ぶか?」を調査(MNPによる新iPhone購入意向ユーザー147人対象)。その流出入を算出しており、結果は以下の通り。

・現NTTドコモユーザー(流出62人/流入50人)
auへ 42人
ソフトバンクモバイルへ 20人

・現auユーザー(流出38人/流入59人)
NTTドコモへ 22人
ソフトバンクモバイルへ 16人

・現ソフトバンクモバイル(流出45人/流入36人)
NTTドコモへ 28人
auへ 17人

流出と流入の差で見ると、MNP購入意向のある人にとって、auが人気のようだ。今回の新iPhoneが同社の保持するプラチナバンド帯(800MHz帯)のLTEに対応したことなどを評価するユーザーが多い様子。

本日発売したばかり。今後各社の通信環境やサポート体制によって、さらに勢力図が変化する可能性も大いにある。これから購入予定のユーザーは、引き続き各社の動向から目が離せそうにない。
(R25編集部)

5s5c、選べる通信会社にau人気はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

(web R25)記事関連リンク
iPhone争奪戦2013を追う
新iPhone 3社の料金比較
新型iPhone発表会リポート
新iPhone選び 周波数が鍵?
新iPhoneの噂まとめ

カテゴリー : 未分類 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP