ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

秋ウエディングが人気なのはなぜ?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

一生に一度の結婚式。自分たちはもちろん、出席してもらうゲストのためにも、できるだけよい時期を選びたいと思うもの。20~30代の女性を対象にしたアンケートでも90%の人が「結婚式を行う季節が気になる」と回答。さらに「結婚式を行うのに理想的な季節はいつだと思いますか?」の質問には、「秋」と答えた人が56%とトップでした。

【画像や図表を見る】

確かに、気候的にも結婚式をするのに良さそうというイメージが強い秋。でも実際に秋の結婚式って人気なの?ウエディングプランナーの岡村奈奈さんにお話を伺いました。

「昔から秋は結婚式をするのに人気の高い季節でした。もともとは、稲刈りが終わってみんなが出席しやすい時期という意味合いがあったようです。最近の秋ウエディング人気にはさまざまな理由がありますが、大きく分けると“本人たちの準備のしやすさ”と“ゲストに来てもらいやすい”という2つの側面があります」

秋が人気の季節なのは、今に始まったことではないんですね。では、人気の理由を具体的に教えてください!

「まず、準備の面でいうと、お互いの夏休みを使って進めやすく、年末の忙しくなる前に済ませられるというのが大きいと思います。一方、ゲストの立場からすると、暑過ぎず寒過ぎない良い気候なのでおしゃれして出掛けやすいですし、さらに連休も多いので出席しやすいはず。また、決算や異動時期といった仕事関係が忙しい時期ではないというのも大きいかもしれません。ちなみに最近では、自分たちの都合よりもゲストが出席しやすい面から、秋を選ぶ人が増えているようですね」

なるほど、秋が人気なのはできるだけゲストに出席してもらいやすいようにという心遣いからだったんですね。そんな秋ウエディングにオススメの演出はありますか?

「秋ウエディングの傾向としては、比較的お天気が安定しているので、ガーデンパーティやお庭でのデザートビュッフェなどの演出が人気です。またイチョウ並木や紅葉でのロケーションフォトも多く行われています。さらに紅葉のイメージから和風の結婚式を希望する人も多いですね。気候が良くおしゃれを楽しむ気持ちが高まっている季節でもありますから、ドレスコードとして、ゲストに色やモチーフを指定して身に着けてきてもらうなどといった演出をしてみるのもオススメです。例えば、『ピンク色の何かをみんなに身に着けてきてもらう』、『お揃いのリボンや蝶ネクタイを用意する』といった感じに。思い出にもなって楽しいと思いますよ。ただ、あまり秋という季節にばかり引っ張られ過ぎてしまうのは考えもの…。あまり先入観を持たずに、着たいものや創りたいイメージで自由にふたりらしい演出をするのが一番だと思います」

さまざまな好条件が重なる秋だからこそ、自分たちがやりたいことを自由にできるということなんですね。ただ、秋ウエディングは人気なだけに、いい日どりは会場もあっというまに埋まってしまうもの!秋ウエディングをしたいなら、とにかく早めに動くことを心掛けたいところですね。

【取材協力】
岡村奈奈さん
フリーランスのウエディングプランナー。自宅などでの少人数婚から大規模なパーティまで、あらゆるウエディングプロデュース、カウンセリングに対応している。メディア出演多数。

記事提供/『セキララ★ゼクシィ』
(R25編集部)

秋ウエディングが人気なのはなぜ?はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

(web R25)記事関連リンク
変わり種フルーツワインの注目株
「ユニーク味覚狩り」の魅力
恋を長続きさせるにはニッチを探せ
「狩猟免許」取得への道
R25をオフラインで読める無料アプリ(外部サイト)

カテゴリー : 未分類 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP