ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

あらかじめ決められた恋人たちへ、タワー渋谷の熱狂フリー・ライヴをレポ!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 


Photo by Yosuke Torii

 

タワーレコードの意見広告シリーズ〈NO MUSIC, NO LIFE?〉のポスター最新版に登場中の轟音インスト・ダブ・ユニット、あらかじめ決められた恋人たちへがタワー渋谷店B1Fの〈CUTUP STUDIO〉にてフリー・ライヴを開催。ここではその模様をレポートします! 

 


Photo by Yosuke Torii

 

〈旅立ち〉をコンセプトとする彼らのニュー・アルバム『DOCUMENT』の発売日である9月11日に行われたこのイヴェント。平日の21:30という遅めのスタートだったにもかかわらず、会場はライヴを待ちわびるオーディエンスでいっぱい! みなさんほどよくお酒が入っていたためか(?)、〈CUTUP STUDIO〉は熱気でムンムンです。この日のイヴェントが〈NMNL?〉ポスターと連動しているというタワーのスタッフによる説明や、ポスターのメイキング&インタヴュー映像の上映に続き、いよいよあら恋のメンバーがステージに登場します。

 


Photo by Yosuke Torii

 

オープニングを飾ったのは、『DOCUMENT』の1曲目でもある“カナタ”。ダブを基軸としつつシューゲイザー的な爆音ギター・サウンドも採り入れたあら恋ならではのエモーショナルなスタイルで、早くもオーディエンスをがっちりロックします。続けてさらにアッパーな“Res”を繰り出し、池永正二の鍵盤ハーモニカやKuritezのテルミンが奏でる切なくもハート・ウォーミングなメロディーと、高揚感を煽るダイナミックなグルーヴに会場はますますヒート・アップ。次の“Conflict”はフロア映えのするクールなダンス・ビートのナンバーで、ミニマル・ダブを思わせるリズムとドゥーム・ロックばりのヘヴィーなギター・リフが入り混じった“テン”と共に、バンドの多彩な音楽性を見せつけます。

 


Photo by Yosuke Torii

 

シネマティックな情景を喚起する“前日”では、フロア中のオーディエンスが思い思い気持ち良さそうに体を揺らしている姿が印象的でした。本編は、そのままアルバムの最終曲“Fly”へ突入。センチメンタルな〈唄心〉と心地よささえ感じるノイズの海に包まれ、多幸感溢れるエンディングとなりました。お客さんの熱気と鳴り止まない拍手に応えステージに再登場した彼らは、イントロが鳴った瞬間に大歓声が挙がった人気曲“Back”を熱演。あっという間の計7曲ながら、完全燃焼と言える素晴らしいステージを披露してくれました!

 


Photo by Yosuke Torii

 

なおタワーレコードでは、この日のライヴの模様を、渋谷店のストリーミング配信メディア〈TOWER REVOLVE PROJECT(タワレボ)〉のYouTube公式ページにて、9月27日24:00までの期間限定で公開中。当日足を運べなかった人も、あの感動をもう1度味わいたい人も、ぜひチェックしてください!

★〈TOWER REVOLVE PROJECT(タワレボ)〉のYouTube公式ページはこちらから

 

〈NO MUSIC,NO LIFE. presents あらかじめ決められた恋人たちへ New Album「DOCUMENT」リリース当日フリーライブ〉@タワーレコード渋谷店B1F〈CUTUP STUDIO〉 2013.9.11 セットリスト
1. カナタ
2. Res
3. Conflict
4. テン
5. 前日
6. Fly

〈アンコール1〉
1. Back

タワーレコードの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP