ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Chromiumのバグトラッカー上でAndroid 4.4“KitKat”の最新ビルド「KRS74B」を発見、リリース時期は“10月”とネスレが認める

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Android 4.4“KitKat”に関する新情報が2箇所で伝えられていたのでまとめて紹介します。最初の情報は、Chromiumのバグトラッカー上でAndroid 4.4“KitKat”の最新ビルド「KRS74B」の存在が確認されたことです。今現在は表示内容が変わっていますが、当初バージョン番号は“mantaray-userdebug KLP KRS74D”となっており、“K”で始まる“ビルドがKitKat”に命名される前(それとも表向きの名前がKitKatなだけ?)のコードネームとして伝えられていた“KLP(Key Lime Pie)”であることが確定しました。次の情報はAndroid 4.4“KitKat”のリリース時期のことです。リリース時期は以前より今年10月と伝えられていました(10月14日に正式発表という噂も)が、ネスレがキットカットの公式Facebookで受けたリリース時期の質問に対して、“10月”と回答していました。来月で確定のようですね。Source : Mycecode.google.comFacebook



(juggly.cn)記事関連リンク
米Motorolaの公式サイトでMoto X Developer Edition GSM版の販売が開始
Galaxy Note 3はANT+通信に対応
ネスレ、ベンチに座って休憩してたらNexus 7をプレゼントします!キャンペーンをオランダで実施

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP