ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「コメント0」で話題になる太田光

DATE:
  • ガジェット通信を≫

次男の御法川雄斗容疑者が窃盗未遂容疑で逮捕されたことを受け、9月13日に父親であるタレント・みのもんたが謝罪会見を行った。テレビのワイドショー番組では、事件や会見について多くの時間を割いて報道。9月15日に生放送されたワイドショー番組『サンデー・ジャポン』(TBS系)でも、VTRで報じられた。しかし、その後この事件について番組の司会を務める爆笑問題の太田光がコメント“しなかった”ことがネット上で大きな話題となっている。

【画像や図表を見る】

同番組放送直後、「デイリースポーツonline」が、「爆笑問題ら“みの問題”コメントせず」という記事を掲載。『サンデー・ジャポン』を毒舌が売りの番組としたうえで、この日の放送で出演者たちが事件についてコメントする場面がなかったことを紹介した。

すると、この記事を受け、2ちゃんねる・芸スポ速報+板には同日、「【テレビ】太田光 みのもんた問題にコメントせず」という、司会・太田に焦点を絞ったスレッドが登場。同スレッドは、9月17日19時時点で3スレッド目まで伸びており、書かれたコメントの数は約2500件。太田がコメントしなかった理由についての憶測が数多く書き込まれている。

なぜコメントしなかったことがここまで大きな話題になるかといえば、これまで太田は様々な生放送のテレビ番組で、歯に衣着せぬコメントをし、お茶の間を沸かせてきた芸人だからだろう。キャスター・小倉智昭の“カツラ”について本人に直接聞いたり、次長課長の河本準一に対して生活保護不正受給問題に関する鋭いツッコミを入れたり、HKT48の指原莉乃の恋愛スキャンダルをこれまた本人の目の前でいじったりしてきた。このような“伝説”の数々は、これまで大いにネット上の注目を集めてきたのだ。今回、みのもんたの次男の事件についても、そのような歯に衣着せぬコメントを期待していた視聴者が多数いたため、大きな話題になったといえそうだ。

この現象について、上記スレッドの3スレッド目には、

「コメントしなかっただけで3スレ目」
「何かをコメントしてスレが立つならわかるけど、コメントしないことで3スレ目までいくなんてさすが爆笑問題だな」

など、客観的に捉えて驚きを表すユーザーも見られた。

今回、逆説的に太田のコメントへの視聴者の期待感が浮き彫りになったといえるかもしれない。
(R25編集部)

「コメント0」で話題になる太田光はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

(web R25)記事関連リンク
村上作品 痛快?「★1」レビュー
劇団ひとり Twitterで爆笑問題・太田のニセモノ氏を諭す
女性サドル窃盗男 変態番付入りへ
海外旅行のプロが見た、赤っ恥トラベラーの特徴
R25をオフラインで読める無料アプリ(外部サイト)

カテゴリー : エンタメ タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。