ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Xperia Mのroot化方法(Framarootアプリを使用)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今年夏に発売されたSony Mobileのエントリーモデル「Xperia M(C190x)」のroot化方法を紹介します。今回のroot化では、XDA Developersで配布されているワンクリックroot化アプリ「Framaroot」を利用します。FramarootはXperia Mだけではなく、Xpeira LやXperia Eなどの他のSony Mobile端末をはじめ、数多くのAndroid端末のroot化に対応しています。root化は、まず、Xperia MのUSBデバッグと提供元不明アプリにチェックを入れ、XDA DevelopersからFramarootのapkファイルを入手し、Xperia Mにインストールします。次に、Framarootアプリを起動してリストから「Install Superuser」を選択。そして、「Gandalf」をタップします。数秒間だけ端末が固まった状態になりますが、その後リブートが実行され、再度起動したらroot化は完了です。アプリのリストから「Unroot」を選択し、再度「Gandalf」をタップすると非rootの状態に戻ります。

注意:Android端末のroot化は自己責任の下で行なうようにしてください。Source : XDA Developers



(juggly.cn)記事関連リンク
Mozilla、Android版「Firefox Beta」を新バージョンv25にアップデート、”Guest Browsing”などの新機能を追加
Chromiumのバグトラッカー上でAndroid 4.4“KitKat”の最新ビルド「KRS74B」を発見、リリース時期は“10月”とネスレが認める
「Xperia feat. Hatsune Miku SO-04E」の壁紙が非公式にダウンロード可能

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。