ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

米Mototola、ブートローダーアンロック対応・特別デザインを採用した「Moto X Developer Edition」の販売を開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

米Motorolaは現地時間9月18日、同社の新フラッグシップ「Moto X」の開発者向けDeveloper Edtionの販売を開始しました。Developer Editionは、Moto Xの32GBモデルをブートローダーのアンロックに対応させたハック対応モデルで、Verizon版とGSMキャリア版の2種類が用意されています。本体は、背面がホワイトで前面がブラックのツートンカラーを採用し、背面には“DEVELOPER EDITION”ロゴの付いた特別仕様となっています。Verizon版はSIMカード付きで、VerizonのEVDO Rev. A(850/1900MHz)とLTE 750 MHzに対応しています。価格は$649です。GSMキャリア版はGSM(850/900/1800/1900MHz)、WCDMA/HSPA+ 42Mbps(850/900/1700AWS/1900/2100MZHz)、LTE(700/1700AWS/1900)に対応しています。GSMキャリア版はSIMロックフリーです。Verizon版は発売されましたが、GSMキャリア版は“Coming Soon”となっています。Source : Motoorla(Verizonモデル)(GSMキャリアモデル



(juggly.cn)記事関連リンク
Sony MobileがXperia Z / ZL / ZR / Tablet Z向けに、Android 4.2.2におけるアップデートの配信開始を発表
2013年Q2のモバイルデバイス国内出荷台数、タブレットは180万台とプラス成長(IDC Japan調査)
米HPがAndroidタブレット新モデル4製品を発表、Tegra 4を搭載した7インチタブレット「HP Slate7 Extreme」や7.9インチ1,600×1,200ピクセルの「HP Slate8 Pro」などをラインアップ

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP