ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

世界初のTegra 4搭載7インチAndroidタブレット「Granville Flyone Tegra Note 7」が中国で発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

中国で世界初のTegra 4搭載7インチタブレットとなる「汇威(Granville)Flyone Tegra Note 7」が発売されました。価格は1399元(約22,000元)とスペックのわりにリーズナブル。Flyone Tegra Note 7は、7インチ1,280✗800ピクセルのIPS液晶、1.8GHz駆動のTegra 4プロセッサを搭載した小型Androidタブレット。おそらく、NVIDIAが“Tegra Tab”という独自ブランドの下で開発しているタブレットのOEM品でしょう。つまり、“Tegra Tab”が発売されたことになると思います。ディスプレイはLG製のIPS液晶。本体前面にはステレオスピーカーが搭載されています。Tegra 4チップに搭載された“DirectStylus”技術により、タッチパネルは筆圧を感知するようになっており、画面にスタイラスで文字や絵を描くことができます。RAM容量は1GB、内蔵ストレージの容量h16GB、Micro SDカードスロットも搭載。カメラは前後に搭載しており、リアカメラは500万画素(HDR対応)となっています。ワイヤレス機能はWi-Fi b/g/n、Bluetooth v4.0、GPS/GLONASS、Wi-Fi Directに対応。バッテリー容量は4,100mAh。

更新:NVIDIAが「Tegra Note」を発表しました。Source : QQオンラインショップ



(juggly.cn)記事関連リンク
Sony Mobileが未発表端末の流出を防止するための啓蒙ポスターを社内に掲示
AdSenseの公式Androidアプリがv1.2にアップデート、日本語への対応や3種類のウィジェットの追加など
米Mototola、ブートローダーアンロック対応・特別デザインを採用した「Moto X Developer Edition」の販売を開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP