ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【調査】松田聖子世代のサラリーマン 3人に1人が現在“アイドル疲れ”を感じている!?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

AKB48やももいろクローバーZなど、多くのアイドルグループが活躍し、アイドル戦国時代ともいわれている昨今。松田聖子やたのきんトリオ(田原俊彦、近藤真彦、野村義男)などがデビューし、音楽の黄金時代と呼ばれた1980年代を謳歌していた現在40代の人たちは、現代のアイドルたちをどう見ているのだろうか?

イノセントミュージックがおこなった調査によると、40代サラリーマンから見た今のアイドルの印象は、1位「歌よりパフォーマンス」(43.0%)、2位「元気をもらえる」(38.0%)、3位「知っていないと気まずい」(24.4%)、4位「頑張りすぎていて、疲れる」(8.8%)という結果に。

全体の約4割がアイドルのパフォーマンスを見て、「元気をもらえる」と回答しているのに対し、同僚や友人と話題に合わせるために、ある程度知っておかなければいけないことに気疲れを感じる人や、アイドルの元気のよさが逆に疲れるという人が、約3人に1人いることが判明。“アイドルから元気をもらう派”と“アイドル疲れを感じる派”とで、2極化していることがわかった。

アイドルの印象を役職別にみると、さらに興味深い傾向が見えてくる。

部長クラスの43.1%が「元気をもらえる」と回答し、同様の回答をした課長クラス(38.7%)や、係長クラス(38.7%)、一般社員(36.2%)よりも高い傾向が見られた一方、「がんばりすぎていて、疲れる」という項目においては、13.3%の係長クラスが「疲れる」と回答。部長クラス(7.8%)や課長クラス(7.3%)、一般社員(8.5%)を上回る結果となった。

多くの企業や組織において、中間管理職である係長。上司および部下の調整役であることが多く、同調査はそんな係長クラスのサラリーマンが抱える職場環境のストレスが、元気すぎるアイドルを見て、余計に疲れてしまうことを示唆する結果であることがうかがえる。

では、40代サラリーマンは音楽やミュージシャンに何を求めているのだろうか。好きな音楽やミュージシャンの条件を聞いたところ、1位「元気づけてくれる」(59.6%)、2位「癒される」(54.8%)、3位「テンポのよさ、高揚感」(47.2%)という結果になった。

40代の人々が音楽に「元気」と「癒し」を求めている中、アルバム「時の祈り」(3150円)で本日メジャーデビューするシンガーソングライターの「あえか」。プロデュースは、なんと尾崎豊「I Love You」や「卒業」など、印象的なピアノアレンジを手掛け、1980年代のシンガーソングライターブームを築いた1人でもある西本明氏が務めるという。

ショッピングモールやストリートなどのステージを拠点に、元気と癒しを届けてきたという「あえか」。そんな「あえか」が、“アイドル疲れ”ぎみの人々の心をがっちり掴むことになるかもしれない。

あえかオフィシャルHPはこちら(http://aeka-web.com/)から。

【調査概要】
調査内容:音楽やミュージシャンに対する意識調査
調査対象者:東京23区勤務の40代男性500名
調査方法:インターネット調査
調査期間:2013年9月2日~4日

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP