ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

現役マンガ編集者142名が選ぶ「この1年最も刺激的だったマンガ」―1位は佐野菜見「坂本ですが?」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

株式会社ナターシャが運営するマンガニュースサイト「コミックナタリー」は18日、「コミックナタリー大賞2013」の受賞作品を発表した。

【関連:『マンガ大賞2013』大賞作品は、吉田秋生の『海街diary』】

これはマンガ編集者が審査員となり、2012年7月~2013年6月の間に刊行された単行本から100冊を選出するマンガ賞。(昨年は「マンガ秋100」と題し開催)。
今年度は呼ひかけに応した142名の現役編集者が、「この1年で刺激的たった10冊」を投票し、1票を1ポイントとして集計。上位100冊(タイ順位につき実数106タイトルが決定した。

第1位に輝いたのは、25ptを獲得した佐野菜見「坂本ですが?」(エンターブレイン刊)。
作者の佐野さんは今回の受賞について次のようにコメントしている。

―佐野菜見コメント

私のような不届き者に光栄な賞をありがとうございます。
ダサカッコイイことをただひたすらしている漫画でしたが、担当さんから「スタイリッシュ」の称号を頂けてからこの漫画の方向性が自分の中でも明確に定まった気がします。
初の連載で毎回手探り状態でまだまだ技巧も拙いですが、これからも坂本君はダサくなどないスタイリッシュなんだと強い自己催眠をかけながら我武者羅に描いていきたいと思います。
選んでくださった編集者様本当にありがとうございました。
 
その他の順位はつぎのとおり

―2位以下の順位と獲得ポイント

2位 19pt
「進撃の巨人」諫山創

3位 16pt
「亜人」桜井画門

4位 13pt
「かくかくしかじか」東村アキコ

5位 12pt
「暗殺教室」松井優征
「銀の匙 Silver Spoon」荒川弘

7位 9pt
「七つの大罪」鈴木央
「昭和元禄落語心中」雲田はるこ

9位 8pt
「きょうは会社休みます。」藤村真理
「ハイスコアガール」押切蓮介
「ボールルームへようこそ」竹内友
「喰う寝るふたり 住むふたり」日暮キノコ
「惡の華」押見修造

「コミックナタリー大賞」特設サイト:http://comic-award.natalie.mu/2013/

カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP