ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

秋葉原の「男の娘」カフェ ゲイバーとの違いを女性客が力説

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 パッと見ただけだと、女の子にしか見えない――化粧をし、女の子の服を着飾る女装をする男性のことを、“男の娘(おとこのこ)”と呼ぶ。中には見た目だけでなく、声も女の子に近い男の娘も少なくない。日常的に女性のようにふるまう人もいる。

 そんな男の娘たちが集まるカフェ&バーが東京・秋葉原に存在する。いったいどんな場所なのか? 実際にお店に通っていた女性Aさんが語る。

「いわゆるメイドカフェの男の娘バージョンみたいな場所で、コスプレしている子もいます。私たちも着るようなカワイイ服で、喋り方や話題もふつうの女の子と変わらない男の娘に、最初はびっくりしました。でも、友達として気楽に話せるし、一人の男性としても素敵だなぁと思います」

 話だけ聞くとゲイバーと同じようにも思うのだが、Aさんはそれを否定する。

「お店で男の娘と話してみると、セクシュアリティやジェンダーは一切関係なく、純粋に、カワイイものが好きなんだと思いました。特に同性愛者ってわけでもなかったですしね。

『今アキバ寄ってからきたよー』と言われて、コスプレしている子が多いことにも納得。趣味の延長で男の娘をやってる子が多い印象ですね」



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
「渡鬼」岡倉家の子供が全員女の理由が明かされる
ホストクラブ女子会 激安いいことにホスト無視で盛り上がる
オシリーナ・秋山莉奈&芳賀優里亜ちゃんの店へ行ってみた

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。