ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

モチベーション低下からの脱出! やる気が出てくる2種類の方法

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「資格を取って就職する!」というように目的がはっきりしていたり、「試験の日まで1か月!」というように期間が限定されていたりすると、がんばりやすいものです。
でも、目的や期限のないことだと、なかなか手がつけられなかったりしませんか?
やる気になったらできるけど、なかなかエンジンがかからない場合のモチベーションの作り方には2種類あります。
■自分のためにがんばる!
ひとつは、「自分のためにがんばる!」という方法。まず、それを成し遂げたら自分はどうなれるのかを想像しましょう。自分にとってのメリットは何かを明確にしておくことで、実現するのを楽しみに行動しやすくなります。
こちらの方法は、向上心が強い人や、自分磨きに興味がある人向き。これまでいつも人のことばかり優先して考えて、ついつい自分のことは後回しにしてきたような人にも、取り入れてほしい方法です。
■誰かのためにがんばる!
「自分のためだとどうでもよくなって…」という人には、「誰かのためにがんばる!」という方法があります。
あなたがそれを成し遂げると、誰が喜ぶのかを考えてみましょう。なるべく具体的に顔を思い浮かべられる人を探してくださいね。
たとえば仕事でのことならば、お客様・取引先のAさん・上司・同僚など。プライベートでは、彼氏や友だち、両親・祖父母・兄弟などの家族、先輩・後輩などの仲間、昔お世話になった人や恩師など。
あなたが思い浮かべた人たちがどんな顔をして喜ぶのか、どんな言葉を話すのかをイメージしてみましょう。その人を喜ばせてあげたいと思うのなら、その人のためにがんばってみませんか。
うまく気持ちが乗らないときは、自分がどちらに当てはまるかを考えてみると、モチベーションも上がりやすくなりますね。
Beautiful sad girl image via Shutterstock



(グリッティ)記事関連リンク
気になる彼に贈りたい! さりげなく想いを伝える「手紙チョコ」
心に秘めた夢…積極的に宣言することで叶いやすくなる!
【夜10時の女子ごはん】ニラ肉そぼろそうめん

グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP