ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

派遣社員が正社員になるためのアピール術

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「相手が望むイメージ」をアピールしよう

「派遣社員で働いているが、実は正社員になりたい」。こう思っている人が半数近くに上るといいます。また、派遣やアルバイトなど非正規で働く若者の約6割が「学生に戻れるなら、就職活動をやり直したい」と考えているそうです。しかし、景気は上昇傾向にあるとはいえ、新卒者の就職活動でさえ未だ厳しい状況です。そのような中、派遣社員が正社員になるためには、どのように努力すればよいのでしょうか?

企業に選ばれるために大切なのは「相手が望むイメージ」をアピールすることです。例えば、2020年のオリンピック・パラリンピックの東京開催を勝ち取ったIOC総会での最終プレゼンテーション。フランス語によるスピーチは、英語とともにフランス語を公用語とするIOC委員を念頭に置いたものでした。そして、ほとんどが外国人のIOC委員に対し、大きなジェスチャーを取り入れて猛烈にアピールしました。これらの工夫が、IOC委員の心をグッとつかんだといわれています。まさに「相手の望むイメージ」をアピールした結果の勝利です。

正社員への近道。それには企業がどのような社員を望むかを知り、そのイメージを体現する。これが最も効果的です。

企業が望む社員のイメージ。その3つのポイント

(1)好印象を与える見た目

身だしなみは相手のために整えるものです。清潔感のあるビジネススタイルは礼儀を表し、公私の区別ができる成熟した社会人であることを証明します。

見た目は、自分が思うよりもはるかに多くの情報を発信するものです。例えば、「ブラウスの袖口から糸がほつれている」「上着のボタンが取れている」。そんな人は「仕事もだらしないだろう」と思われても仕方がありません。ビジネスに適した見た目作りで好印象を与えましょう。

(2)基本的なビジネスマナー

企業は、中途採用では即戦力を求めています。業務知識があることはもちろんですが、それだけでは足りません。基本的なビジネスマナーを身につけている人こそが、企業が望む人材です。当たり前のようなことですが、しっかりとしたマナーを身につけている人は実は少なかったりします。

仕事のスキルがどれだけ優秀であっても、毎日のように遅刻をするのであれば、信頼を得ることはできません。勤怠、挨拶、指示に従う、ミスをしたらすぐに報告するなど、社会人としての「常識」を丁寧に積み重ねましょう。

(3)コミュニケーション能力

派遣社員として働いていると忘れがちなのが、チームの一員という意識。企業は、利益追求というひとつの目標に向かうチームです。その一員として、チームワークの重要性を理解できる人、周囲と上手くコミュニケーションを取れる人は貴重です。

以上の3点を踏まえ、日々の業務を通じてアピールしてください。選ばれる正社員へのチャンスを引き寄せ、そして、つかみとるのは自分自身です。

カテゴリー : 政治・経済・社会 タグ :
JIJICOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP