ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

秋旅に注目!おトク鉄道きっぷ続々

DATE:
  • ガジェット通信を≫

LCCの登場により、海外旅行はもちろん、国内線の運賃も手頃になってきた。そんな空の便に対抗してか、鉄道会社も続々とお得なサービスを提供し始めている。

【画像や図表を見る】

「東京・名古屋から西日本への旅行を考えているなら、2013年4月から1年間提供している“たびきっぷ”がオススメ。岡山・広島・山口・四国のいずれかに、新幹線指定席で往復でき、各エリアのJR路線の普通車自由席が特急や快速などを問わずに5日間乗り放題になるお得な切符です」

と教えてくれたのはJR東海営業本部の竹内謙太郎さん。岡山・広島・山口たびきっぷの場合、各エリアへの往復新幹線の料金に、わずか数百円プラスするだけで、この切符が購入できるという。前日までに駅の窓口に行けばその場で購入できるので、急な旅行や出張でも利用可能だ。

「とくに“広島たびきっぷ”は宮島までのフェリーにも追加料金なしで乗れるほか、広島=新岩国間なら新幹線普通車の自由席も乗り放題なのでお得ですよ。また、“四国たびきっぷ”は、岡山までの往復新幹線の料金に3320円プラスした値段で、文字通り四国全体がフリーエリアになり、かなり長い距離を格安で移動できると思います」

JR東海では、このほか往復新幹線にプラスして飛騨高山周辺の5日間乗り放題が付いてくる「飛騨観光きっぷ」を2014年3月まで発売中。白川郷や下呂温泉など、付近の観光スポットを電車やバスで回るならぜひご検討を。

また、さらに足を延ばして九州を旅行するなら、2014年3月まで発売中の「アラウンド九州きっぷ」もねらい目。こちらはJR九州全線が特急列車も含めて3日間乗り放題になる(※九州までの新幹線代など運賃は含まれない。九州新幹線の利用は6回まで)。料金は3万円。例えば、博多=鹿児島中央間の大人片道料金は1万9940円なので、その往復を考えるだけでも十分に元が取れそうだ。

このほか、新大阪から博多までの移動であれば、南海国際旅行が2013年9月まで販売している「こだま割引きっぷ」がお得。料金は片道7500円で、この切符を使わずにこだま新幹線に乗ったときと比べて7090円も安い。新神戸や小倉など、同区間内の移動についても格安の切符が用意されているので、移動時間が多少かかってもリーズナブルに旅行したいなら覚えておくといいだろう。

あれこれ調べて見ると、続々とお得な切符が登場している鉄道の旅。この秋は鉄道の旅で、のんびり国内を巡ってみてはいかが?

(辻村 文/HEW)
(R25編集部)

秋旅に注目!おトク鉄道きっぷ続々はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

(web R25)記事関連リンク
新型iPhone発表会リポート
新iPhone選び 周波数が鍵?
新iPhoneの噂まとめ
カスタマーサポート推進企業増加中
スマホクーポン1週間おトク生活

カテゴリー : 未分類 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP