ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google、Android版「Google Wallet」アプリのメジャーアップデートを実施、非NFC端末でも利用可能に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

米Googleは9月17日、Andorid版Google Walletアプリのメジャーアップデート版を今週中にリリースすると発表しました。今回のアップデートで特に注目なのは、アプリはこれまでNFC対応機種でしか利用できませんでしたが、新バージョンはNFC対応の有無に関係なく、Android 2.3以上を搭載した端末であれば利用できるようになりました。対応機種の拡大によって、Sprint以外のキャリアのユーザーでもWalletアプリを利用できるようになります。ただ、新バージョンでも提供国は依然として米国だけのようです。新バージョンの新機能としては、Googleが5月中旬より米国ユーザー向けに提供しているGoogle Walletを利用したGmailからの送金機能がWalletアプリに追加され、Walletアプリ上で米国ユーザーのGmailアドレス宛(18歳以上)にお金を送れるようになりました。PayPalアプリに似てきましたね。送金費用はGoogle Walletに関連付た銀行口座とGoogle Wallet残高であれば無料、デビットカードとクレジットカードでも低料金で送金できるとされています。また、店舗発行のポイントカードは端末のカメラでスキャン、またはカード番号を手入力することで追加できるようになり、ポイントを適用する際は、店舗のレジでスキャンシてもらうことで使用できるようになりました。クーポンについては、Googleマップ、Google検索、Google+、Googleオファー上のクーポンがGoogle Walletアカウント保存されるようになり、クーポンを使う場合は画面上に該当クーポンを表示して店頭で見せれば割引されるようになりました。このほか、アプリUIも新バージョンで新しくなったようですね。現行バージョンはタブ形式を採用していますが、新バージョンではGoogle Nowのカードスタイルの表示に変わっています。「Google Wallet」(Google Playストア)更新:こちらからapkファイルが入手できます。Source : Google



(juggly.cn)記事関連リンク
HTC One Maxに搭載されるSoCはSnapdragon 800ではなく、1.7GHz駆動のSnapdragon S4 Pro APQ8064らしい
YouTubeのモバイルアプリが11月にオフライン視聴に対応
日本通信、音声通話のみ・月額1,080円から始められる「スマホ電話SIM for LTE」をAmazon、ヨドバシ、b-mobileで9月19日に発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP