ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Mozilla、Android版「Firefox 24」正式版をリリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Mozillaは9月17日、Android向けFirefoxブラウザの新バージョン「Firefox 24」の正式版をリリースしました。Firefox 24で、W3Cで標準化が進められているブラウザ上でボイスチャットやビデオチャットなどのリアルタイムコミュニケーションを実現するためのフレームワーク「WebRTC」に対応したほか、アプリのメインメニューから直接共有アプリを起動することや、Androidビームでタブを転送すること、リーダーモードでは、昼間用の「ライト」モードと夜間用の「ダーク」モードを時間帯で切り替える「自動」が追加されています。Firefox 24の新機能は次の通りです。 WebRTCをサポート Androidビームによるタブの転送に対応 メインメニューの「共有」から共有アプリを表示可能 Brailleをサポート。ポップアップ通知への対応やドアハンガーのフォーカスを維持などがTalkBackで利用可能に リーダーモードに日中-夜間モードの自動切替機能ヲ追加 位置情報取得の精度向上を目的に、基地局情報を送信するように仕様を変更(デフォルト無効) スウェーデン語、イギリス英語、カタルーニャ語をマルチロケール版に追加「Firefox」(Google Playストア)Source : Mozilla



(juggly.cn)記事関連リンク
日本通信、音声通話のみ・月額1,080円から始められる「スマホ電話SIM for LTE」をAmazon、ヨドバシ、b-mobileで9月19日に発売
Nexus 4の通知ランプの色や点滅速度をアプリや通知の文字列でカスタマイズできるアプリ「Frozen LED」が公開
AOSPでソースコード管理を統括してきたJean-Baptiste Queru氏が米Yahooに移籍

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。