ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

液晶/電子ペーパーディスプレイの2画面スマートフォン「YotaPhone」は11月にドイツでも発売予定、価格は€599前後

DATE:
  • ガジェット通信を≫

昨年12月に発表されたロシア Yota Devicesの2画面スマートフォン「YotaPhone」が今年11月にロシアだけではなくドイツでも発売予定であることが判明しました。YotaPhoneはストレート型ボディの前後に4.3インチのカラー液晶ディスプレイとE Inkの電子ペーパーディスプレイを搭載しており、普通のAndroidスマートフォンとして利用することはもちろん可能で、反対側の電子書籍を使えば電子書籍は読みやすく低消費電力、スマートフォンの通知やニュース記事などの新着情報を表示する常時ONの待受画面としても機能するなど、その独特な形状と利用スタイルで話題となっていました。今年2月のMWC 2013で発売時期は2013年後半と発表されましたが、先日、ロシアで11月に発売されるとの報道があり、今回、IFA 2013でYota Devicesの広報担当者がドイツでも11月に発売予定だと述べたそうです。ドイツでは先にオンラインでの販売が行われ、その後、小売店舗での販売も計画されているそうです。価格はVAT込みで€599前後(約79,000円)になるとのこと。スペック的には2012年のハイエンドモデル相当なのですが、けっこう高めの価格設定となっています。同社はまた、YouTubeにアップロードされた「YotaPhone」の公式プロモ動画で同製品の最終的なデザインを公開しています。Source : Engadget.de



(juggly.cn)記事関連リンク
HTC Oneのデザインを採用したHTC未発表の5インチスマートフォン「HTC 7060」「HTC 7088」が中国で認証を取得
新型Kindle Fireタブレットのプレス画像が流出?
LGがXperia Z Ultraに似た“Phablet”を開発しているという噂

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP