ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

iPhone5cが先行予約受付する理由 非ジョブズ信者の囲い込み

DATE:
  • ガジェット通信を≫

11日、iPhone5s/iPhone5cが発表された。「iPhone5s」は、いわゆるiPhone5の後継機種。「iPhone5c」は“廉価版”と呼ばれ、スペックとしては「iPhone5」に近いものの、5色の本体カラーや、6色の公式カバーが用意される。30通りのカラフルな色が人気となりそうだ。

今回、同時発表されたにもかかわらず、予約を受け付るのはiPhone5cのみ。iPhone5sは予約受付はなし、20日から販売する。――iPhone5sについては、アップルストア銀座店では11日の発表直後から並んでいる人が話題になっているが、これは「機能を求める人は、並んででも買う」ということなのか。確かに20日は平日のため、本当に欲しい会社員のなかには、「有給休暇をとろうか迷う」という人もいるほどだ。

■“廉価版”iPhone5c発売はユーザーの裾野を広げたいから

一方iPhone5cは、“黒/白”“メタリックシルバー”といった色の印象が強いアップル社製品を見慣れた目には、「おおっ」と思った人も多いのではないだろうか。ジョブズがいなくなったからかどうかは不明だが、そのカラーバリエーションは、“これまでにないiPhone”を感じさせる。ただ、賛否両論あるのも事実。これまでの“ジョブズ信者”にとっては、そのカラフルなiPhoneは「ダサい」、そうでない人にとっては「かわいい」という意見で、真っ二つに分かれている。

ガジェット機器に詳しいライターは、「『並ぶほどではないけれど、確実に欲しい』という“ジョブズ信者ではない”ユーザー向けに予約を開始しているということは、アップル社が“裾野を広げたい”ということの表れかもしれませんね」という。

■iPhone5c “並ばなくていい”オンラインでも予約受付け、“手軽さ”アピールー-ドコモは限定あり、ソフトバンクが一歩リード

なお、3社ともiPhone5cをiPhone取扱店の店頭で受け付けるのは同じ。WEB予約については、KDDI (au)とソフトバンクは、オンラインショップでの受付で、購入店舗を指定した予約受け付けも可能だ。NTTドコモは、ドコモプレミアクラブに加入した「プレミアステージ」に該当するユーザー向けに、先着3万台限定での用意となる。プレミアステージとは前年度3月末時点での利用期間が10年以上、あるいは年間累計2,500ステージポイント以上(1か月あたり平均 20,900円以上が目安、前年1月~12月まで)

各社とも、端末料金やキャンペーンなどの詳細は様々。それぞれが“お互いの動向をみながら”キャンペーンを展開してくる可能性もあるため、常に最新の情報をチェックすることが肝要だ。



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ブロガー考案 レタスに温泉卵としょう油でシーザーサラダ丼
LINE使って国際ナンパする30代男性「通訳機能使えば簡単」
中国のネットで「南鳥島も古来より中国領土」との意見出る

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP