ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Sony、スティック型のGoogle TV「BRAVIA Smart Stick(NSZ-GU1)」を明日発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Sonyが同社の海外向けの公式ブログで、明日9月15日(日)にスティック型のGoogle TV新製品「BRAVIA Smart Stick」を発表することを明らかにしました。公開された製品画像からFCCへの提出資料で外観や機能が判明した「NSZ-GU1」のことですね。Sonyのブログでは、2013年のブラビアテレビ向けのアクセサリーになるとされています。本体は手の平にすっぽり収まるコンパクトな端末で、HDMI出力端子が剥き出しになっており、テレビのHDMI入力端子に直刺しすることができます。詳細は明日発表されるとのことですが、筐体サイズは109mm x 42mm x 22.5mm、質量は約70g。本体にはHDMI出力端子のほか、HDMI入力(Micro HDMI)、IRブラスタ用端子、Micro USBを備え、無線LAN(IEEE802.11b/g/n)とBluetooth v3.0に対応していることが既に判明しています。Sonyのブログによると、「NSZ-GU1」はPicture in Pictureの映像再生に対応するほか、Google PlayとBRAVIAアプリにも対応。Chrome、Netflix、HuluPlus、Pandora、Amazon Instant Video、YouTubeがプリインストールされているそうです。Source : Googleキャッシュ(Sony Blog)



(juggly.cn)記事関連リンク
BaiduがDLNA/AirPlay/Miracast対応のHDMIスティック「小度TV」を近く発売
液晶/電子ペーパーディスプレイの2画面スマートフォン「YotaPhone」は11月にドイツでも発売予定、価格は€599前後
Android版「Googleドライブ」が v1.2.352.9にアップデート、アプリUIが一新、プルダウン更新やスプレッドシートのセル枠・数値単位の変更も可能に

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。