ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ハンサムケンヤ、タワー限定シングル“劣等感ビート”10月発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 


ハンサムケンヤ “劣等感ビート”ジャケット画像

 

京都を拠点に活動するシンガー・ソングライターのハンサムケンヤが、タワーレコード限定シングル“劣等感ビート”を10月23日にリリースします!

高い作曲能力と歌詞センス、独特の世界観を持ち、友人と共に設立したインディー・レーベル=古都レコードでの活動を経て、2012年10月にメジャー・レーベルのビクターエンタテインメントに移籍した彼。メジャー・デビュー作『ゴールドマッシュ』は漫画家の浅野いにお、今年2月に発表されたメジャー・セカンド・ミニ・アルバム『ブラックフレーム』はアニメ制作会社のガイナックスがジャケットを手掛けたことでも話題となりました。

そんな彼のニュー・シングルとなる本作の表題曲は、バンドのグルーヴに軸を置いたロック・サウンドと、振り切りすぎて録音後に修正を加えることになったという過激な歌詞が融合した、ハンサムケンヤ節全開のナンバー。カップリングに“嘆き”を収録した500円のワンコイン・シングルとして、タワーおよびTOWERmini全店とTOWER RECORDS ONLINEにて取扱います。

さらに“劣等感ビート”のPVがYouTubeにて公開。これまでアニメーションのPVが多かった彼ですが、今回は実写ワンカット撮影のアドリブによるダンス・ヴィデオになっています。ハンサムケンヤ本来の味、動き、キモカッコよさが滲み出た映像となっていますので、ぜひチェックしてください!

 

〈ハンサムケンヤ “劣等感ビート”収録曲〉
1. 劣等感ビート
2. 嘆き

 

タワーレコードの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP