ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Twitter、Androidアプリのベータテスター向けに「Twitter v5.0 Beta」をリリース、アプリUIは刷新されるがタブレットUIは持たず

DATE:
  • ガジェット通信を≫

TwitterがAndroid向け公式アプリの次期アップデートバージョンv5.0のベータ版(Beta7)の提供をテスター登録したユーザーに対して配信しました。今後のアップデートでTwitterはv5.0にアップデートされることでしょう。ベータ版はTwitterのベータテストプログラムに参加すれば誰でも利用可能です(いつでも退会できます)。さて、v5.0についてですが、まず、アプリのUIが新しくなっています。タブは独自のデザインからHoloスタイルのものに変わり、話題のハッシュタグと関連ツイートを表示する「トレンド」、DMを表示する「ダイレクトメッセージ」、フォロー/フォロワーとの共通ユーザーを表示する「ユーザー」タブが追加されました。アプリ左上のボタンをタップ、または画面を右側にスライドさせるとタブ一覧を表示するメニューバーが追加。タイムライン上で画像をプレビューすることも可能になりました(オプションで有効/無効を切り替えられる)。さらに、ツイートの下書き保存機能が追加されました。下書きのツイートはツイート作成画面から呼び出すことができます。今回リリースされたv5.0 Beta7はGalaxy Note 10.1 2014年版にプリインストールされている特別バージョンのようなタブレットUIは持っておりません。タブレットでもスマートフォンと同じレイアウトでアプリUIが表示されます。「Twitter」(Google Playストア)



(juggly.cn)記事関連リンク
Android向けメディアプレイヤー「doubleTwist」がAirPlayをフルサポート
HTC One MaxとHTC Oneの大きさを比較した写真が流出
サンワサプライ、スマートフォンやタブレットでも手軽に使えるHDMIモバイルプロジェクター「400-PRJ020」を発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。