体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【調査】祖父が孫と車で出かけるのは不安?「イクメン」ならぬ「イクジイ」の実態に迫る!

生活・趣味

「イクジイ」という言葉をご存じだろうか?両親をサポートし、育児に積極的にかかわる祖父のことだ。「イクメン」という言葉は広く浸透しつつあるが、イクジイについてはまだまだ一般的ではない。そこで、敬老の日を前に、イクジイの実態に迫る!

シタシオンジャパンの調べによると、育児をサポートする「イクジイ」は87.6%。そのうちの52.7%は、車で行楽地やショッピングモールに出かけたり、徒歩や自転車で公園に行ったりと、孫と一緒にアクティブに遊んでいる「アクティブ・イクジイ」であることがわかった。

では、子どもを預かってもらう親は、アクティブ・イクジイが車で出かけることを、どのように思っているのだろうか。子どもを預けるときに「車では出かけないでほしい」と伝えるのは9.7%と少数派。

対して、子どもを預ける親の約3人に1人(34.1%)は、「運転が不安だから出かけないでほしい」ということは、父親(孫から見たら祖父)が嫌がるという思いから、伝えていない状況がうかがえる。運転の不安を伝えないのは、快くイクジイになってもらうための子どもを預ける親の小さな気遣いなのかもしれない。

ちなみに、子どもを預かってもらうときに伝えるダメ出しは、「甘い飲食ばかりはダメ」(48.2%)、「おもちゃばかり買ってはダメ」(29.2%)という回答が高い傾向にあった。

一方、60代男性の9割(90.4%)は「運転に自信あり」としながらも、77.2%が「運転支援システムがついている車を運転したい」と高い興味を示しており、より安心して車を運転したいと思っていることが見てとれる。

運転支援システムを搭載している車の認知度については、1位「スバル アイサイト」(78.0%)、2位「ダイハツ スマートアシスト」(63.5%)、3位「トヨタ 衝突回避支援プリクラッシュセーフティシステム」(25.5%)という結果になった。

1 2次のページ
ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会