ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

米国で「Xperia Tablet Z: Kitchen Edition」を発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Sony Mobileの米国法人が、「Xperia Tablet Z: Kitchen Edition(SGP312U2)」と呼ばれる新型タブレットを発表しました。価格は$649で、米国のみで発売されます。発表されたXperia Tablet Z: Kitchen Editionは、IP57レベルの防水・防塵性能を備える特徴を活かして、キッチンで使いやすいように仕立てたXperia Tablet Zのは派生モデルです。全く新しいタブレットではありません。どういう部分が通常版と違うのかというと、製品には本体を横置きできるスタンド、$115相当のキッチン温度計「iGrill」が付属し、Food Planner ProやJuicing Recipes、BigOvenなどのレシピアプリがプリインストールされている点。タブレット本体はは厚さ6.9mmの薄型ボディに、10.1インチ1,920✗1,200ピクセルの液晶、Snapdragon S4 Pro 1.5GHzクアッドコア、2GB RAM、32GB ROM、背面に810万画素カメラ、前面に200万画素カメラ、6,000mAhバッテリーなどを搭載。ワイヤレス機能はWi-Fi a/b/g/n、Bluetooth v4.0、DLNA、NFCなどに対応しています。Wi-Fiモデルなので3G/LTE通信機能はありません。Xperia Tablet Z: Kitchen Editionは米国のSonyストアで発売中です。Source : Sony



(juggly.cn)記事関連リンク
カナダの携帯会社がNexus 4の販売を終了
「HTC One Max」の製品ロゴ画像が流出?
Xperia Z1が早くも分解される

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP