ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

知らないと損! 男性が思う「かわいいワガママ」と「ムカつくワガママ」の境界線

DATE:
  • ガジェット通信を≫

かわいい彼女からおねだりをされて「仕方ないな~」と簡単に許してしまうこともあれば、「どうしてそんなにワガママなんだよ!」と思わず怒りをぶつけたくなってしまうときもあったり…。
このように、男性から見た女性のワガママって、かわいいと思うときもあれば、ムカつくと思ってしまうときもあるよう。
「ワガママでムカつく女」というレッテルを張られないためにも、男性が思う「かわいいワガママ」と「ムカつくワガママ」の境界線を知っておきましょう。
■ギリギリ許してもらえる「かわいいワガママ」
「あなたしか頼れる人がいないの!」といった意味合いがこめられているワガママは、男性から許容範囲のよう。相手の得意分野に関連づけたワガママであれば、気分よく聞いてもらえる可能性大です。
また、「このバッグ欲しいな」と「このケーキ食べたいな」であれば、断然、後者の方がかわいく見えますよね。
大きなワガママを1回言うよりは、ちょっとしたワガママを小分けにして言った方が、男性は簡単に叶えてあげることができるうえ、頼られた感がして男のプライドを守れたと感じるよう。
■アウトライン越えの「ムカつくワガママ」
「飲み過ぎたから迎えに来て」など、聞いた瞬間に「面倒くさい」と心のなかで男性が思うワガママは、確実にアウト! さらに「お願いを聞いてくれないってことは、私のことが好きじゃないの?」と、すぐに愛情の大きさに繋げようとする言い方は、男性をイラつかせてしまうだけ。
また、「もう疲れた」「眠くなった」など、愚痴交じりのワガママも男性のテンションを下げてしまう可能性が高いので注意が必要です。
う~ん、男心って簡単に見えて複雑…。しかし、言い方や態度に少し気をつけるだけで、ワガママを言ってもかわいいと思ってもらえるのですから、うまくワガママを言える女性になった方が得なのかもしれませんね。
Attractive woman image via Shutterstock



(グリッティ)記事関連リンク
「水の気」を上げると快感を感じやすくなる…自己の範囲を広げる方法
「話し合うこと」がすべてではない! 束縛が強い彼とつきあっていく方法
傷ついた彼を助けたい! 過酷な「レスキュー女子」になっていませんか?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。