ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Galaxy Note 10.1 2014年版のLCDではRGBWのPenTile配列を採用しているらしい

DATE:
  • ガジェット通信を≫

SamsungがIFA 2013で発表した新型Galaxy Noteタブレット「Galaxy Note 10.1 2014年版」では、サブ画素をRGBWのPenTile配列を採用したLCDが搭載されているのだそうです。Galaxy Note 10.1 2014年版は、10.1インチ2,560✗1,600ピクセル(WQXGA)のLCD、Exynos 5420/Snapdragon 800、3GB ROMを搭載するな初代Galaxy Note 10.1からスペックが大幅に強化されています。

このGalaxy Note 10.1 2014年版のLCDについては、前作(Galaxy Note 10.1)のLCDと比較して、解像度が向上したほか、最大輝度は1.5倍向上し、消費電力は30%少ないとされています。この差はLCDそのものの改良はもちろんのこと、PenTile RGBWを採用したことも関わってくるのでしょう。従来のLCDでは,赤(R)緑(G)青(B)の3つのサブ画素で1つの画素を構成していますが、PenTile RGBWでは、RGBに白(W)を追加し、2つのサブ画素で1つの画素を構成しています。白のサブ画素によって最大輝度は向上し、同一輝度でもRGB画素よりも低い消費電力で実現できるとされています。Source : NAVER



(juggly.cn)記事関連リンク
新型Nexusスマートフォン(Nexus 5)のバックカバーの写真が流出?
米国で「Xperia Tablet Z: Kitchen Edition」を発売
Mapify : 待ち合わせ場所や自分の居場所をストリートビュー写真と共に共有できるアプリ

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。