ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「Xperia Tablet Z SO-03E」のフルセグ対応化アップデート(10.1.E.0.305)が開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

NTTドコモは9月12日、Sony Mobile製Androidタブレット「Xperia Tablet Z SO-03E」のフルセグ対応化アップデートを開始しました。今回のアップデートで、地上波放送の13セグメント受信(フルセグメント・・・フルセグ)に対応します。これにより、13セグメントのうち1セグメントだけを受信するワンセグよりもテレビ番組を高画質・高フレームレートで視聴できるようになります。フルセグには製品発売後に対応することが発表されたので、今回は神アプデといっても良い対応ですね。今回のアップデートではフルセグ対応化のほか、一部のゲームアプリの音声に雑音が入る現象に対処したとのことです。ちなみに、OSバージョンはAndroid 4.1.2のまま変化ありませんでした。更新ファイル(約31MB)は既に配信中です。アップデートは端末単体(Wi-Fi/3G/LTE)で実行できます。SO-03Eの設定メニューを表示後、「タブレット情報」右「ソフトウェア更新」をタップすると更新センターアプリが起動するので、更新ファイルをダウンロードし、「インストール」ボタンを押します。アップデートにかかる時間は約7分。アップデート後のソフトウェアビルドは「10.1.E.0.305」です。更新1:root状態は保持されます。更新2:実際にアップデートしてみました。Source : NTTドコモ



(juggly.cn)記事関連リンク
英国でSony Mobileの第3世代NFCタグ「SmartTags NT3」が発売開始
米国でLGの新フラッグシップ「LG G2」の販売が開始
AdobeがAndroid向けFlash Playerをアップデート、ICS用は「11.1.115.81」、GB/HC用は「11.1.111.73」

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP