ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Appleが新型iPhone 「iPhone 5S」、「iPhone 5C」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

日本時間で今朝開催されたAppleのプレスカンファレンスで新型iPhone「iPhone 5S」「iPhone 5C」が発表されました。2機種とも日本では9月20日に3キャリアを通じて発売されます。今回からNTTドコモもiPhoneを取り扱うことになりました。「iPhone 5S」は昨年の「iPhone 5」の純粋な進化版となるモデル。新たに追加された「iPhone 5C」はiPhone 5Sのデザインバリエーション、低価格モデルといった位置づけのモデル。「iPhone 5S」はiPhone 5のデザインと画面サイズはそのままに、ソフトウェア、プロセッサ、カメラを中心にアップグレード、指紋認証を実現する指紋センサーが追加されました。カラバリはシルバー、ゴールド、スペースグレイの3色で、“ブラック”はなくなりました。ディスプレイは4インチ1,136 x 640ピクセル(326ppi)のRetinaを搭載。プロセッサは64bit対応の「Apple A7」にアップグレードされ、iPhone 5と比較して処理性能とグラフィックス性能は2倍向上したとされています。新たに追加された「M7」と呼ばれるモーションプロセッサコアは加速度センサーやジャイロセンサー、デジタルコンパスのデータを収集・監視することでA7プロセッサの負荷を軽減するとされています。リアカメラは800万画素ですが、従来よりも画素サイズの大きい(1.5μm)裏面照射型CMOSを採用し、暗い場所でもより明るく撮影できるようになりました。また、1秒10コマのペースで連写するバーストショット、120fpsのスローモーション動画撮影、2,800万画素のパノラマ写真撮影などにも対応。TrueToneフラッシュも追加されました。新たに追加された指紋センサーではホームボタンをタッチするだけで指紋認証を行い、ロック画面を解除します。ワイヤレス機能はWi-Fi a/b/g/n(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth v4.0、GSM/GPRS/EDGE、WCDMA/HSPA+/DC-HSDPA、LTEに対応。バッテリー駆動時間は3Gの通話で10時間、LTEのWEBブラウジングで10時間、動画再生で10時間とされています。「iPhone 5S」の米国価格(2年契約時)は、16GBモデルが$199、32GBモデルが$299、64GBモデルが$399。

新たにiPhoneラインアップに追加された「iPhone 5C」はポリカーボネイト素材の筐体を採用し、カラフルなバリエーションで展開される新iPhone。価格的には「iPhone 5S」よりも安く、低価格バージョンと言う位置づけになると思います。カラバリはグリーン、ホワイト、ブルー、レッド、イエロー。壁紙も本体色に合うものが内蔵されています。ディスプレイは4インチ1,136 x 640ピクセル(326ppi)のRetinaで、プロセッサはiPhone 5と同じApple A6を搭載。カメラは背面に800万画素、前面に120万画素を搭載。FaceTime HDカメラは画素サイズ1.9μmの大型のものを使用。ワイヤレス機能はWi-Fi a/b/g/n(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth v4.0、GSM/GPRS/EDGE、WCDMA/HSPA+/DC-HSDPA、LTEに対応。バッテリー駆動時間は3Gの通話で10時間、LTEのWEBブラウジングで10時間、動画再生で10時間とされています。本体サイズは124.4mm x 59.2mm x 8.97mm、質量は132g。「iPhone 5C」の米国価格(2年契約時)は、16GBモデルが$99、32GBモデルが$199。Soure : Apple



(juggly.cn)記事関連リンク
Google PlayストアのWEBサイトに新ロゴが掲載
ARMがExynos 5420で採用されたbig.LITTLEマルチプロセッシング技術のデモ動画を公開
米トイザらスが子供向けタブレットの新型「Tabeo E2」を発表、8インチディスプレイを採用

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。