ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

2013年7月の国内スマートフォン出荷台数は約102万台、3ヶ月ぶりにマイナス成長

DATE:
  • ガジェット通信を≫

JEITAとCIAJは9月10日、2013年7月の国内における携帯電話・PHSの出荷台数に関する調査結果が発表しました。調査結果によると、2013年7月の総出荷台数は前年同月の50.7%となる150万台でした。今年は夏モデルの発売時期が例年よりも早めだったこともあって7月の時点で販売が落ち着き、3ヶ月ぶりにマイナスの成長になりました。携帯電話(フィーチャーフォン+スマートフォン)の出荷台数は前年同期の50.9%となる約142万台で、このうち、スマートフォンは前年同月比の51.8%となる102万台でした。スマートフォン率は68.2%。PHSについては、前年同月比の47.7%となる7万8千台でした。2013年4~7月までの3ヶ月間の出荷台数は前年同期の83.3%となる641万台、スマートフォンは前年同期の102.7%となる434万台。前年と比較して全体の出荷台数は減っていますが、スマートフォンはかろうじて増えています。Source : JEITA



(juggly.cn)記事関連リンク
米トイザらスが子供向けタブレットの新型「Tabeo E2」を発表、8インチディスプレイを採用
KDDIの海外ローミングサービスが9月19日よりLTEに対応、まずは韓国、香港、シンガポールでLTEデータ通信が可能に
海外版「Dolphin Browser」のベータテストプログラムが開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP