ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

NTTドコモ、法人向けAndroidスマートフォン「法人向けスマートフォン(仮称)」を開発、12月以降に発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

NTTドコモは9月10日、法人向けのAndroidスマートフォン「法人向けスマートフォン(仮称)」を開発したと発表しました。製品は2013年12月~2014年1月の間に発売される予定です。法人向けスマートフォンでは、電話やメールなどの基本機能を使いやすくすべく、専用のユーザーインターフェースを搭載。また、省電力ディスプレイと大容量バッテリーを搭載しており、外出の多いビジネスパーソンでもバッテリー容量を気にせず使用できるものとされています。企業ニーズのセキュリティ機能では、指先のみでロックが解除できる「スマート指紋センサー」、パスワードを一括管理できる「パスワードマネージャー」アプリなどを搭載しています。なお、法人向けスマートフォンの発売にあわせて、月額2,980円でデータ通信を利用可能な専用パケット定額サービス「Xiパケ・ホーダイ for ビジネス」も提供されます。スペックは未定の部分が多いのですが、外観と公開されている内容から「らくらくスマートフォンプレミアム F-09E」をベースとした機種のようです。現在のところ、4.3インチ960✗540ピクセルのTFT液晶、Snapdragon APQ8064T 1.7GHzクアッドコアプロセッサ、2GB RAM、8GB ROM、Micro SDカードスロット、背面に810万画素カメラ、前面に130万画素カメラ、2,500mAhバッテリーを搭載。Wi-Fi a/b/g/n/ac、Bluetooth v4.0、赤外線通信、IP58レベルの防水・防塵、WCDMA/LTEに対応。OSはAndroid 4.2(Jelly Beam)を搭載しています。Source : NTTドコモ



(juggly.cn)記事関連リンク
2013年7月の国内スマートフォン出荷台数は約102万台、3ヶ月ぶりにマイナス成長
Seagate、厚さ5mmのタブレット向け500GB SATA HDD「Ultra Mobile 500GB HDD(ST500LT035)」を発表
Swypeの共同創設者がタブレットでより自然で高速な文字入力を可能にする新キーボードアプリ「Dryft」を発表、ベータテスター受付実施中

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。