ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Samsung、8コア全てが同時に動くExynos 5 Octaプロセッサを開発

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Samsungは9月10日、同社のモバイル向け8コアプロセッサ「Exynos 5 Octa」の新モデルで「Heterogeneous Multi-Processing (HMP) 」機能を適用した「big.LITTLE」構成を採用したと発表しました。従来のExynos 5 Octaプロセッサでは、高性能型のCortex-A15と低消費電力型Cortex-A7がクラスタを構成し、タスクの負荷に応じで使用されるCPUコアがクラスタ単位で切り替る仕組みとなっていましたが、新たに開発されたHMPの導入により、タスクの負荷に応じて必要な数のCPUコアが動作するようになるそうです。CPUコアが独立して動作するようになることから、真の8コアプロセッサと評価されることになるでしょう。HMPの導入によりモバイル環境で使用されるCPUコアが最適化されることになり、端末のパフォーマンスと電力効率の最大化を図ることができたとされています。HMPを導入したExynos 5 Octaプロセッサは2013年Q4より量産されるとのことです。Galaxy Note 3の3G版では採用されているのではないでしょうか。Source : NewsWire



(juggly.cn)記事関連リンク
Swypeの共同創設者がタブレットでより自然で高速な文字入力を可能にする新キーボードアプリ「Dryft」を発表、ベータテスター受付実施中
英Handtec、Xperia Z Ultra購入者にSmartWatch2をプレゼント
Motorola Droid 5の写真がまた流出、4.3インチHDディスプレイ、MSM8960プロセッサを搭載しているらしい

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP