ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

SCE、Android向けにnasne用の新アプリ「nasne ACCESS」を10月10日にリリース、nasne 1TB版も同日発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ソニー・コンピュータエンタテインメントは9月9日、ネットワークレコーダー・ストレージ「nasne(ナスネ)」の1TB版を2013年10月10日に発売するほか、同日より既存のnaneに対して新機能を追加したv2.00のファームウェアを、Android端末とPS Vita向けにはnasne用の新アプリを提供すると発表しました。nasne新モデルは現行モデル2倍の容量となる1TB HDDを搭載しています。価格は23,100円(税込み)です。また、同日より配信されるv2.00のファームウェアでは、インターネット越しにnasneのコンテンツにアクセスできる「Anytime Access」機能、インターネット越しに2つのnasneでデータを同期(特定のフォルダ)する「nasneシェア」機能が追加されるほか、PS Vita用の電子書籍アプリ「Reader Storefor PS Vita」の書籍データ保存先にすることも可能になります。AndroidとPS Vitaに提供される新アプリについて。Android向けには「nasne ACCESS」、PS Vita向けには「nasnepocket」が提供されます。Androidアプリでは、v2.00ファームを搭載したnasneのコンテンツをWi-Fi/モバイルデータ通信経由で管理、検索、視聴できるほか、オートアップロード機能によりカメラで撮影した写真や動画を自動保存することもできます。ただし、“DTCP-IPコンテンツとPS Vitaでゲームデータにはアクセス不可”とされているので、ライブチューナーや録画したテレビ番組をインターネット越しに視聴・転送することは従来どおりできないと思います。PS Vitaアプリでは、nasneのコンテンツをWi-Fi/モバイルデータ通信経由で管理、検索、視聴できます。また、11月14日に発売される「PS Vita TV」にも対応しています。Source : SCE



(juggly.cn)記事関連リンク
ソフトバンク、健康管理サビス「SoftBank HealthCare」のAndroidアプリをリリース、206SHがサービス対象に追加
NTTドコモ、法人向けAndroidスマートフォン「法人向けスマートフォン(仮称)」を開発、12月以降に発売
日本通信、通話プランのみで利用できる「スマホ電話SIM for LTE」を全国のイオン店舗で9月19日に発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP