ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

政府の国家戦略特区についてヒアリングがスタートしました。

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

 政府が成長戦略の柱として、地域を限定してこれまで実現できなかったような大胆な規制改革を行うため、国家戦略特区ですが、この国家戦略特区のワーキンググループでセレクトされた提案について、自治体や民間企業など提案者からのヒアリングが9月5日から永田町合同庁舎で始まりました。
 9日までのヒアリングに、13団体が医療や農業、雇用、都市再生などをテーマに提案する予定との事です。
 すでに行われた5日のヒアリングでは、三井不動産 株式会社、愛知県など東海4県3市、ゲートタワーIGTクリニックが、6日のヒアリングでは、ベイライン株式会社、森ビル株式会社、公益社団法人 関西経済連合会、兵庫県養父市、福岡県福岡市が参加しました。
 愛知県など東海4県3市については、すでに愛知県のホームページ(http://www.pref.aichi.jp/0000064251.html)や首相官邸のホームページ(http://www.kantei.go.jp/jp/singi/tiiki/kokusentoc_wg/teian_hearing.html)で公開されているように、「モノづくり産業強靭化スーパー特区」「アグリ・フロンティア創出特区」「有料道路コンセッション特区(愛知県単独提案)」を提案。三井不動産は「日本橋・八重洲『日本発信』特区」を提案しています。
 ゲートウェイIGTクリニックは堀信一院長と藤島聡子人事部長が取材に応じてくれ、「りんくう出島プロジェクト」による医療における規制緩和として、ガン医療の最先端治療薬の利用や外国人医師の医療行為などを求めたようです。

東京プレスクラブの記事一覧をみる ▶

記者:

東京プレスクラブについて: 「オープン&シェア」を合言葉に、現在話題となっている出来事の取材やネットでのオープンな資料・素材公開をおこなっているブログメディアです。特定の記者やジャーナリストだけではなく「新しいテクノロジーを使って誰でも参加できる情報共有の場をつくる」ことを目標に、共有すべき資料は迅速に共有し拡散することで皆さんのお役に立つことを目指しています。 東京プレスクラブに掲載された情報は転載・引用・転送・共有・拡散、すべて自由です。もちろん、ブログ、ニュースサイト、新聞、雑誌、テレビ、ラジオ等々のメディアでの利用も自由です。

ウェブサイト: http://tokyopressclub.com

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP