ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Moto XのSprint、U.S. Cellular、Rogers、南米モデルはブートローダーのアンロックに対応。欧州でも発売される見込み

DATE:
  • ガジェット通信を≫

motorolaはAT&TやVerizonから発売された「Moto X」にブートローダーのアンロック機能は実装していませんが、9月6日よりSprint、U.S Cellularで発売された「Moto X」には実装していることが判明しました。Motorolaが自社の公式サイトで公開しているブートローダーアンロック対応端末のリストによると、米国では、SprintモデルとU.S. Cellularモデル、カナダではRogersモデル、南米モデルをブートローダーのアンロックに対応させています。南米で「Moto X」はまだ発売されていませんがデフォルトで対応するのでしょう。「Moto X」は今のところ北中・南米での発売しか発表されておらず、他の地域での発売予定は明らかにされていませんが、フランスのWEBサイト Test MobileがIFA 2013会場でMootorla関係者より得た情報によると、「Moto X」は欧州でも発売される予定とのことです。ただし、生産拠点が米国内にあるため、欧州ではMotoMakerを通じて本体をカスタマイズすることはできないと述べたそうです。Source : MotorolaTestMobile



(juggly.cn)記事関連リンク
MicrosoftがXbox MusicのAndroidアプリ提供を発表
正体不明のSony Mobile端末のディスプレイパネル写真
ZIPme : リカバリモードからインストール可能なZIPファイルを手軽に作成できるアプリ

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP