ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

2013年Q2のモバイルWEB利用の統計、Androidが51%のシェアを獲得

DATE:
  • ガジェット通信を≫

米国の独立系モバイルアドネットワーク企業「Millenial Media」が公開した2013年Q2におけるモバイル端末のWEB利用に関する調査結果によると、OS別シェアでAndroidが全体のトップとなる51%を獲得しました。モバイル端末全体ではスマートフォンが70%、タブレットを含む非携帯電話が25%、フィーチャーフォンが5%。2012年Q2と比較して、スマートフォンは74%からシェアを下げた一方、タブレットを含む非携帯電話はシェアを19%から上げています。OS別シェアは上述の通り。Androidが51%でシェアトップとなりましたが、2012年Q2からの変化率としては、iOSの方がAndroidを上回っています。シェアをタブレットに絞った場合、Androidは44%、iOSは55%、BlackBerryは1%でした。Androidのシェアは、トップはSamsung Galaxy Tabの37%、2位はAmazon Kindleタブレットの28%、3位はNexus 7の7%、4位はASUS Transformerタブレットの3%、5位はその他となっています。メーカー・機種別のシェアは以下の通りです。日本メーカーでランクインしたのはSony Ericsson/Sony(約2%)と京セラ(0.59%)の2社(厳密には3社)のみでした。Source : Millenial Media



(juggly.cn)記事関連リンク
米Amazon、自社ブランドのスマートフォンの発売と無料で販売するという噂を否定
「Xperia feat, HATSUNE MIKU SO-04E」の店頭予約が開始、オリジナルブートアニメやライブ壁紙などのデザインも公開
LG、8.3インチタブレット「LG G Pad 8.3」を10月より発売開始、年内までに世界30カ国に展開

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP