ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

音声検索ロボ : ネットの検索から端末の設定変更までを音声操作で実行できるAndroidアプリ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

アットステージは9月2日、様々な情報や端末の機能を音声操作で実行することができるAndroidアプリ「音声検索ロボ」をGoogle Playストアにリリースしました。「音声検索ロボ」は、Googleの音声認識技術を活用し、スマートフォンに話しかけるだけで、ネット検索、YouTube地図検索、動画検索、アプリの起動、電話発信、端末の設定変更(Wi-FiやBluetooth)などを行なうことができるサポートアプリ。実に様々なコマンドを持っており、日々の使用に役立つアプリになることでしょう。機能は大きく分けて、インターネット検索、おでかけ検索、便利帳、端末設定のカテゴリに分類されています。 インターネット検索Google検索Wikipedia検索YouTube検索Amazon検索Yahoo検索Bing検索楽天検索アプリ検索(Google Playストア) 地図検索(Googleマップ)目的地を地図に表示経路検索乗り換え案内 便利帳SMS送信Eメール送信株価検索為替表示地震速報表示翻訳(日本語→外国語)和訳(外国語→日本語)国語辞典検索(日本語の意味を検索) 端末設定音声検索ロボットの設定メニューを表示前に実行した操作を再実行いつもの検索(よく使う検索コマンドをリスト表示)電話発信ブラウザ表示Wi-Fi on/offBluetooth on/off画面回転 on/offサイレントモード on/offマナーモード on/offクリップボード(保存済みテキストを表示/音声をテキスト化シてクリップボードに保存)このうち、wikipedia検索、Yahoo検索、経路検索、乗り換え案内、地震速報、Google翻訳、マナーモードのオン/オフ、画面回転のオン/オフについては、別売(120円)の拡張機能を購入することで利用できるようになります。機能が結構豊富で実用性は高いと思いますが、単語でのコマンド入力のみをサポートしており、口語調(今何時?、今日の気温は?など)の入力には対応していないので、アプリを使いこなすにはコマンドを覚えるまで慣れる必要があります。「音声検索ロボ」(Google Playストア)



(juggly.cn)記事関連リンク
Xperia Z Ultra LTE版、香港では9月16日前後に発売
Huawei Ascend P6のroot化方法
HTC One、HTC One mini、HTC Butterfly sはHTC One Maxのローンチ後にSense 5.5にアップデートされる見込み

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP